韓国ソウルと釜山エスコートアガシとチムジルバン(蒸し風呂)はいかがでしょうか?

今度はソウルや釜山(プサン)韓国の様々な風俗システムの中で、最も人気があるエスコートアガシと素敵な思い出が作れてさらに疲れも癒やすことができる、そんな素敵な場所を紹介します。
今年まで約22年間、韓国のソウルと釜山(プサン)でエスコートアガシを皆さんに紹介している業者として、大半のお客様達が昼に何もすることが無いと嘆いていました。
そんな皆様に、韓国だけの代表的な入浴文化チムジルバン(蒸し風呂)を紹介します。
基本的にはチムジルバン(蒸し風呂)は日本のサウナと似たような場所です。
違う点は、蒸し暑さの中でガウンをかぶって汗を流すという点です。
韓国のエスコートアガシや女性達は、疲れを癒やすために週1ぐらでチムジルバン(蒸し風呂)を行くそうです。
一日中サウナで休んでも一万ウォン程度(約1000円程度)で疲れを癒せます。
最近は若いカップルたちもここでデートをすると聞きます。
美しくてセクシーな韓国ソウルと釜山(プサン)のエスコートアガシとともに疲労をなくすことができる健康ランド!!!
まず、男女別々にサウナをします。(韓国では日本のような男女共同風呂がありません)
サウナ後に老若男女誰でも一緒に入場する健康ランドに行きます。
ちなみに裸で入ると、警察署のお世話になるのでご注意してください(笑)
健康ランドの中には広いステージがあって家族同士や恋人同士で飲み物を飲んで、おいしい食べ物も食べながら様々な種類のサウナも体験できます。
サウナも温度と湿度によって様々な部屋があります。
韓国のエスコートアガシらに最も人気のあるところは、『蒸し風呂』という部屋です。
普通70度程度のとても熱い部屋ですが、写真の様に普通は厚いガウンをはおって入ったほうがいいそうです。
人によって異りますが、普通一度に5分程度が健康にいいらしく、3、4回ぐらい入ることが男性の精力にもすごくいいそうです!!

韓国のエスコートアガシと一緒に時間を過ごして素敵な思い出を作ることができる韓国のチムジルバン…
韓国のソウルや釜山(プサン)、サウナでエスコートアガシと楽しい時間を過ごしてみることをおすすめします。

京畿道(キョンギド)に位置したヨンジュゴルというところにあるエスコートアガシとの出会い

最近2、3年の間に、ソウルにいた多くの風俗通り(588、ミアリテキサス、龍山(ヨンサン)駅など)が再開発という理由で全てがなくなって多くの韓国人男性たちが残念がっています。
もちろん、日本の各地にいる私の友達もみんなが残念がっています(笑)
代わりにそこにいた多くのエスコートアガシらが新しい風俗システムであるオフィス、マッサージの店。
フルサロンなどに移動しました。
しかし、オフィス、マッサージ、フルサロンなどは、以前の588の料金より2倍以上高くなって韓国人男性たちの不満が爆発しています。(笑)
私も不満です(笑)
今日は久しぶりに韓国のソウル市内から、片道約35kmほど離れているヨンジュゴルというところに行ってみました。
写真からもわかるように、以前はソウル市内にいた588のようなシステムです。

(参考にヨンジュゴルでは絶対写真撮影は禁止なので車内で撮影しました。)
残念なことは料金が以前の588より約2倍程度高くなっていました・・(汗
588は20分程度に6万ウォンぐらい(6千円程度)料金だったが、ヨンジュゴルは30分に12万ウォン(12000円程度)になり、さらにソウルから車で約1時間程度かかという不便さ・・。
そしてエスコートアガシも約7、80人くらい?(昔の588は300人以上)で、店も半分程度は営業をしていないですね。
予想とは少し異なった。静かな雰囲気でした。
友達と車で3周ほど回って、できる限りのエスコートアガシらを下見!
30分ぐらい巡回した時、私が望むエスコートアガシを発見!!!
店先に駐車をし店中に入場!!!
服を脱いで、缶コーヒーを一杯飲んで簡単にシャワー。
エスコートアガシも美しい裸体で入場!!!
本格的なHタイム!!!
エスコートアガシが首から下まで(想像にお任せします^^)リップサービス!!!
そしてHかーらーのーフィニッシュ・!!!!
かつての588と同じサービス・・。
しかし、2倍の料金に、遠い距離・・。
588よりはいろいろと不満だが、ソウルに来て時間があれば、一度は行って遊んでもよいと私はお勧めします。
次には現在の風俗システムの中で最も低廉な旅館バリ(韓国の男性は別名チョパとします^^^)に対する話です。

皆、楽しみにしてください….

初めて体験してみたエスコートアガシに対する率直な感じと問題点についた話です。

神戸に住んでいる30代半ばの会社員です。

2018年5月20日から 2泊3日間初めて体験したエスコートアガシに対する私の感想と私が思う問題点を皆さんに報告します。

5年前まで勤務した会社の友達と今年の5月に海外旅行を計画しました。
友達とお互いに色々と調べ、最終的に私たちは韓国ソウルに風俗旅行を決定しました。
最近人気が高いと聞いていた、エスコートアガシという遊びをを知り、グーグルとヤフーで様々なアガシ紹介サイトを検索し、『エスコートアガシ案内所』というサイトを知りました。
さっそく今回の旅行プランで問合せてみました。

まず、私たちの空港到着時間、飛行機の便名、予約したホテル名、希望するエスコートアガシのタイプや空港までの送迎も出来るか?など、問合せてみました。
すぐに返信があり、二人以上ならば空港までも無料歓送がサービスだと言われ、アガシ案内所さんに最終的に決定しました。

待ちにまった5月20日、友達と私は関西空港からソウルに向かいました。
午後2時20分頃に仁川(インチョン)空港に到着して入国審査を受けに行ったんですが、旅行客があまりにも多くて入国審査を受けることだけで約1時間ほどかかって午後3時半頃に空港出口から出て、エスコートアガシ案内所のLさんに会いました。
初めて会ったL氏は、どこか冷めててクールなイメージの人でした。
今にして思えばとても気さくで、タバコと女性をこよなく愛する楽しい人でした(笑
空港から出た時間が少し遅くなり、L氏はホテルのチェックインをする前にまずエスコートアガシを選び、その後にチェックインをした方が良いと話をしてくれました。

事前にアガシの好みを伝えておりましたが、どんなアガシが来るのか若干不安になりながら、待ち合わせのカラオケ店でアガシを待ちました。
ママという元締め?的な女性が現れ、5人のエスコートアガシを紹介してくれました。
凄くレベルの高いアガシばかりで、こちらが若干躊躇するくらいでした(笑
すぐに好みのアガシを決めていよいよスタートです。
アガシらとともに、ホテルに行ってL氏とはそこで別れました。
翌日午前11時にまたL氏会う約束をし、そこからはアガシと我々のみのデートとなりました。
美味しい焼肉店で食事をし、昼に紹介された某カラオケに遊びに行きました。
酒代として一人当たり5000円(4人で二万円)、本当に楽しく時間を過ごしたのですが、ここでカラオケの問題点を感じました。
カラオケで働いている従業員たちにエスコートアガシがチップ!!チップ!と言ってきます。
従業員にチップを払ってくれと言うことなのですが、これってこちらが満足した時に気持ちとして渡すものなのに・・。
なんだかタカられてる感じでした・・。
とにかくチップとして約10万ウォンぐらい(一万円程度)を、しぶしぶ支払いました。
そしてエスコートアガシの問題点ですが…..
特別大きな問題はなかったのですが、ここでもチップが問題です。
朝になってエスコートアガシが家に帰る時に、約束した金額以外に別途一万円のチップを請求されました。。
正直、大変満足させていただいたのでチップ渡そうと思ってましたが、先に言われると・・なんだかねー・・。
翌日Lさんと会って韓国の大統領が住んでいるという大統領府と日本大使館、統一展望台に観光を行きましたが、目の前に見える北朝鮮の風景と人々。
忘れられない観光になりました。
北朝鮮が、すごく静かな雰囲気だったのが印象的でした。
今色々ざわついてますが、安心して遊びに来ていいと思いますよ。
今回の韓国のエスコートアガシ旅行で残念だったのは、エスコートアガシと1泊しかできなかった点ですね。
もっと一緒にいたかったー(笑
これから1年に一度ぐらいは韓国のソウルにエスコートアガシ旅行できるようにもっと頑張ります。

つまらない内容。読んでくださってありがとうございます。

2018年韓国のエスコートアガシ紹介NO.1サイトアガシ案内所で5月のGWについてお知らせいたします。

2018年今年も始まる4月末から5月初めまでのGW期間に韓国のソウルや釜山にエスコートアガシ旅行にいらっしゃるお客様たちにエスコートアガシ紹介NO.1アガシ案内所でもっときれいでセクシーなアガシと会うことができる方法をお知らせいたします。

韓国のソウルと釜山(プサン)でエスコートアガシ紹介歴約22年の経験から見れると、GW期間一時的に多くの客が来て午後遅い時間にはエスコートアガシすべてアルバイトをしている場合も多いです。
普通のエスコートアガシの紹介は午後4時前後から可能です。
GW期間アガシ案内所では、午後3時半から紹介が可能でできればお客様たちの正確なスケジュール(来る日、人数・予約したホテル名・ご希望のスタイルなど)をあらかじめ教えていただければソウルと釜山(プサン)スタッフが全力をもってご案内いたします。

いつもお客様たちに最善を尽くすエスコートアガシ紹介NO.1サイトアガシ案内所です!

有難うございます。

*韓国のアガシ案内所はいつもお客様が鼻血が出るまで(笑)
一生懸命に頑張っております^^^^^

ラインでの連絡方法    :    ラインID koreairotboy   

韓国釜山ソウルの夜遊び風俗文化を変えているソウル永登浦(ヨンドゥンポ)の釜山亀尾(クミ)式のエスコートアガシ夜遊びシステム紹介

(出典:韓国夜遊び風俗エスコートアガシ紹介専門インターネットサイト)

韓国ソウルの永登浦(ヨンドゥンポ)で有名なルームサロンがある。
ソウルの北倉洞式の夜遊びトレンドも変えている新しい釜山〜亀尾(クミ)式フルサロンのエスコートアガシシステム。
その既存のルームサロンより料金が安くてもっとサービスが強い釜山〜亀尾(クミ)式と最近人気のあるフルサロンが結合して新しいトレンドを形成した。

料金も釜山〜亀尾(クミ)式フルサロンシスシステムが40万ウォン!!!
もちろん、エスコートアガシの料金も含むのだ。
ソウルでは絶対に出られない破格的な料金システムでオープンしたという。

オープンして一ヶ月くらいで、ソウルの永登浦(ヨンドゥンポ)で成功的に営業中だといううわさが江南夜遊び業界にも広がり、江南風俗も少しずつの動きを見せるほどその影響が大きいという。
ソウル江南(カンナム)にも少しずつ釜山〜亀尾(クミ)式夜遊びフルサロンがオープンしており、料金も少しずつ下げる雰囲気。
しかし、まだ江南ではエスコートアガシらのチップ問題など、永登浦(ヨンドゥンポ)の釜山〜亀尾(クミ)式フルサロンの価格やシステムに沿って営業できる店は少ない。
永登浦一帯のフルサロンにはお客さんが多いといううわさが広まり、江南のエスコートアガシらの移動も起きてきているという。
実際、江南で働いていたエスコートアガシらが1日に2度仕事もしに行くアガシがたくさんいるので、自分の収入のために、永登浦一帯の釜山〜亀尾(クミ)式フルサロンに多く移動しているとする。

噂の確認も含め、店のサービスや料金も確認するため、永登浦一帯のフルサロンを見学することに決定した。
永登浦一帯で最も人気があるというある店に決定し、そこを行った日は2017年1月初め。
記者である私はお客樣が居ないような時間にその店のすべてのエスコートアガシを見てチョイスしたいと思って少しは早い夜8時頃に行った。
しかし、びっくりした。
たくさん待っていないが、予想外にお客が多くてアガシがなかった…。
すべてのアガシらを見るという私の夢は破れて計6人のエスコートアガシを見ることができた。
このうち一番サービスが良さそうなアガシを選んで座らせた後いろいろ聞いてみた。
ここで働いてから一週間ぐらいなったという彼女は『ここは客が多いため、収入が保障されて口コミで噂が立って、他の地方のアガシがたくさん入ってきました、私も来て一週間になりますがほとんど毎日、新しいエスコートアガシらを見かけますね』とのことだった。
アガシら大半が江南(カンナム)から永登浦(ヨンドゥンポ)に来て、自然にアガシらのレベルが上がったしそれによってお客さんがたくさん遊びに来るからお金も、昔の江南(カンナム)のルームサロンよりたくさん稼ぐことができるという。
ルームの規模も大きすぎず、江南ルームサロンよりアガシらも多くなくて、家族のような雰囲気を感じることができるとのことでした。
永登浦一帯の釜山〜亀尾(クミ)式高級サロンの魅力は釜山〜亀尾(クミ)式夜遊びとフルサロンの結合そして競争力のある料金にあるということができた。
事実45万ウォンなら按摩より少しは高いが、ハードコアフルサロンシステムという点が非常に破格的だった。
お酒をたくさん飲むなら料金が追加になりうることもあるが、ハードコアフルサロンのシステムがお酒と肴を食べる時間がほとんどないほどアガシらのサービスが最高だった。
どうしても対話をたくさん誘導してサービスを簡単にしようとするアガシらの悪い点も見られない、対話する時間もあまりなく本当に楽しく遊べた。
記者という私の話にもあまり気を使わず、対話よりも体で話をしようとする彼女をやっと説得して少しの会話をすることができた。
そして釜山〜亀尾(クミ)式システムと同様に遊んでフルサロンで楽しむ客が絶対多数であり、そのような点が魅力的だから客が多く訪れるようだという。

次は友達と一緒に団体で来て遊ぶつもりだ!!!!!

韓国旅行で注意する点

韓国のソウルや釜山で風俗夜遊び旅行を計画している日本の男性皆さんに、韓国で最も注意すべき点をお話したいと思います。
必ず注意して問題が発生しないように注意してください。

 
最近韓国では、スマートフォンやカメラなどで道を歩いているエスコートアガシや、エスカレーターに乗って登るエスコートアガシ、または全く知らないアガシの同意なしにこっそり写真や動画を撮るのが大きな犯罪と認識されて社会的な問題になっています。

例えば、ソウルや釜山(プサン)の市内を旅行し、全く知らないアガシの体つきや顔、足などを、スマートフォンやビデオカメラなどで盗撮すると大問題になります。
見つかるとセクハラ現行犯として認識されて罰金や、最悪の場合には懲役刑を受けることもできます。

*某インターネットの記事内容

 

警察庁長は8月8日、一線の警察官たちに"隠しカメラ犯罪に対する特別対策を要請する"、盗撮カメラによる犯罪の根絶に向けた全方位的な対策作りを促した。 
同日、警察庁で会議を主宰し、"携帯電話、超小型カメラ、偽装型カメラなどデジタル機器を使用した盗撮カメラ犯罪が増え続け、公衆トイレや脱衣室、エスカレーター、大衆交通、一般市内など日常生活のいたるところでアガシたちの不安が高まっている"と話した。
警察庁長は"隠しカメラ犯罪に対する処罰をさらに強化し、被害者保護に向けた特段の措置が必要だと強調し、隠しカメラ映像物や合成写真などはオンラインを通じて瞬時に広がって、当事者に大きな被害を与えるため、強力な処罰が必須。
警察庁女性青少年捜査課長は、盗撮カメラ犯罪に対する社会的認識が過去より非常に厳重になり、好奇心で犯した行為で犯罪者になりかねない、盗撮カメラ犯罪は関連法上5年以下の懲役又は1千万ウォン以下の罰金を課す。と話した。
 もちろん、ソウルや釜山(プサン)で旅行に来て美しい風景写真や動画を撮っているのは全然問題がなりません。
しかし誤解をうけるような行動は避けて下さい。
 

以上の楽しい韓国のエスコートアガシ旅行のための必ず肝に銘じなければならない注意事項でした。

エスコートアガシ案内所の旧正月の連休営業についてお知らせいたします。

お客様が100%満足頂けるように、日々努力しているアガシ案内所の担当 李でございます。

韓国の最も大きな祝日 旧正月連休が2月15日から18日まで4日間続きます。

韓国での旧正月は皆が自分の故郷に帰って親兄弟に会い、お互いの幸福を祈願する意味です。

多くのエスコートアガシらも自分の故郷の家に戻りますが、エスコートアガシ案内所は365日年中無休でいつもお客様たちをお待ち致しております。

いつも最善を尽くしているアガシ案内所と一緒に、素敵な韓国ソウル釜山風俗旅行ができるようスタッフ一同努力致します。

*韓国の李はいつもお客様が鼻血が出るまで努力致します(笑)

 

 

ラインでの連絡方法    :    ラインID     koreairotboy   

 

連絡先

日本から   国際ダイヤルー82-10-4902-0019

韓国から    010-4902-0019

 

*私の連絡先が携帯電話ですので1回かけてつながらない場合はそのまま2,3回お願いいたします。

2017年末のご挨拶

韓国ソウル、釜山の風俗夜遊びエスコートアガシ情報紹介NO.1サイト、エスコートアガシ案内所の担当李(リ)でございます。
2017年もあと少しですね。
今年も皆様のおかげで本当に充実した一年を過ごすことが出来ました。
2018年も皆さんがもっと安心して、もっと完璧に韓国ソウル釜山(プサン)夜遊びを楽しんで頂けるように、エスコートアガシ案内所の李が頑張ります。
ソウルと釜山(プサン)を含め、すべての韓国の風俗システム(按摩、フルサロン、エスコートアガシなど)をいつも完璧にご紹介するエスコートアガシ案内所!!!


来年ももっと頑張ります!!!!!


どうぞぞよい年をお迎えくださいませ。

 

그룹 달샤벳. 달샤벳은 지난 2일 한복 사진과 함께
 

*韓国の李はいつもお客様が1万%大満足できるまで一生懸命に頑張ります。

 

ラインでの連絡方法    :    ラインID     koreairotboy   



連絡先   

日本から   国際ダイヤルー82-10-4902-0019

韓国から   010-4902-0019

 

*私の連絡先が携帯電話ですので1回かけて、もしつながらない場合はそのまま2-3回お願いいたします。

 
李より    

 
 

チケットダバンとチケットエスコートアガシの紹介

アガシ

釜山とソウルなどの、韓国大都市では昔は沢山ありましたが現在はほとんど無くなり、現在は韓国の地方にチケットダバンと言う喫茶店がたくさんできてます。
そのチケットダバンは売春エスコートアガシも雇用して営業をし、韓国の農漁村で非常に増えているとします。
10年程前から徐々に無くなり始め、最近では殆ど見なくなったチケットダバンが再び復活しています。
昔のチケットダバンは男性客たちが自分の事務室や店、あるいはモーテルでコーヒーを注文すると、エスコートアガシらがコーヒーを持ってきて一緒に飲みながら話をしていた韓国の地方で流行した夜遊び風俗です。
男性客たちと一緒に夕食したり、仕事が終わって一緒にお酒を飲んで2次(H)まで可能だった夜遊び風俗システムでした。
このようなチケットダバンは、最近韓国の地方でまた着目されているようです。

アガシ


写真 : チケットダバンエスコートアガシ

 

 

ズワイガニ祭りで有名な慶尚北道蔚珍郡のある漁村。
車から降りたチケットダバンエスコートアガシがコーヒーを持ってモーテルに入ります。
モーテルの室内では男性客とエスコートアガシの値段の交渉が行われます。
売春行為まで含めた『チケット営業』です。
チケットダバンのエスコートアガシ料金は1時間に2万5千ウォン。
一日一緒に遊ぶのには30万ウォン。
そして2次(H)は20万ウォンと申します。
8千人程度が住む小さな漁村。
営業してるチケットダバンは30ヵ所あまりと聞きます。
エスコートアガシ達は、居酒屋や飲食店と繋がっていて、客に売春を行っているそうです。

一人のエスコートアガシの話です。
地域ごとにHが無いところがはりません。
夕方には船が港に入ると、アガシら飲み屋に向かいます。
一部のチケットダバンは中国在住韓国人や脱北アガシまで雇い営業しているといいます。
このような漁村にチケットダバンが多い理由は値段が高いズワイガニ産地なので金持ちの船主たちも多く、漁民たちもお金持ちが多いからだと言います。
また、田舎だからソウルや釜山など大都市のように歓楽街がないから需要が高いようです。
以上、韓国の田舎夜遊び風俗、チケットダバンとチケットエスコートアガシの話でした。 
 

キーセンハウスとは?

韓国のキーセンという単語を韓国語辞書で検索すると、昔(約50年ぐらいまえ)韓国で宴会や酒の席で歌や踊りなどで楽しく場を盛り上げることを職業にした女性を(現在のエスコートアガシ)意味する言葉。
また、このような女性(エスコートアガシ)らが男性客に接待をした食堂をキーセンハウスと書かれている。
キーセンは韓国の古代時代から高麗時代、朝鮮時代を経て存在したが、その当時キーセンのエスコートアガシは様々な礼儀を必ず身につけなければならず、教育がとても厳しかったらしいです。
朝鮮時代キーセンアガシらは最近の言葉でいえば、ファッションリーダーだったという。
 

写真 : 1926年、ソウルの有名な芸者ハウスで富豪らがキーセンアガシらと楽しむ姿

 

 

写真 : 今はなくなったが、1960年代ソウルで最も有名だったキーセンハウスミョンウォルグヮンのキーセンダンス公演

 

現在のキーセンハウスは昔と比べると大いに変わった。
昔は一般人らは絶対に行けなかった。
身分が高い人やお金持ちしか行くことがでなかったが、今は一般人も誰でも行けるところになった。
また、最近流行している韓国のソウル、釜山の夜遊び文化であるアンマ、フルサロン、ルムサロン、エスコートアガシ、3NO(スリノ)クラブなど様々な種類のシステムを合わせて新しい夜の遊び文化の一種となった。

今から現在のキーセンハウスについて調べようにしよう。

以前はソウルや釜山など大都市に10ヵ所程度、規模が大きなキーセンハウスがあった。
残念ですが、今はソウルに約5件程度のキーセンハウスがあるという。
今のキーセンハウスは昼には営業をせず夜だけ営業をしている。
夕食料金が1人当たり平均15万ウォン程度(約15000円程度)に飲み代とエスコートアガシ料金は別途だ。
エスコートアガシの料金は一緒に食事をして酒を飲む程度で10万ウォン。
もしエスコートアガシが気に入ったらもちろん、Hも可能だ。
Hの料金(約1時間)は20万ウォンが平均という。
普通、企業の接待が多いけど、最近は一般会社員たちも個人的にたくさん遊びに行くという。
1当たりの夕食+エスコートアガシ料金+Hまで約50万ウォン程度。
最近に流行しているフルサロンや3NOクラブなどと比較しても絶対に高い料金じゃないと考えられます。
キーセンハウス、一度は体験してはいかがでしょうか?