ソウル 風俗 夜遊び セクシーバー/ビキニバー/ランジェリバー

セクシーバー

韓国の一般男性サラリーマン達に人気のある、ソウル 風俗夜遊び!
セクシーバー/ビキニバー/ランジェリバーをご紹介致します。

ソウル江南(カンナム)のセクシーバーに行ってみたら…。
サービスをしているエスコートアガシらの露出度によって風俗店の売上が増える!!
ソウルにだけ(釜山を除く)2400ヶ所が盛業中だという。 (出所:ソウル成人ネット新聞)


隠すところはしっかり隠す。
男達の視線がサービスをしているエスコートアガシの体に釘付けになる。
ビキニのような姿はしてるが、決してヌードとかではない。
最近は一般の食堂、それもファミリーレストラン、韓国料理屋、焼肉店まで女性アガシらのファッションがセクシー路線に向かっている。
尻を強調する短いホットパンツも珍しくなくなってきた。
注文を受ける時、食べ物を下ろす時に胸のラインに男性客らの視線が釘付けになる。

 

 

ソウル アガシ

 

ソウル江南(カンナム)のPセクシーバー。
赤い照明の階段にから中に入ると、黒いビキニ姿のアガシらがお客を迎える。
アガシ達の体が照明の下でセクシーに映し出される。
室内に入ると大小のテーブルが配置されている。
ホールの裏側にアガシらの更衣室、厨房が付いている構造。
全部で5人のアガシらと男性スタッフ1人がホールで働いている。
洋酒、果物、ソフトドリンク等で構成され、20万ウォン(約二万円ほど)基本セットを注文した後、席に座るやいなや、『エスコートアガシらのおさわり禁止!!!』という注意を受ける。
あるアガシの話では、『1年ほど前は、胸や尻を触ろうとする客が多かった。今はかなりよくなった状態です』と話をした。
セクシーな身なりのバーテンダーが居るセクシーバー(sexy bar)の人気がピークに達した。
2~3年前から生まれたセクシーバーは一般サラリーマンたちの風俗文化を変えつつある。
客のイムさんは『すらりとしたアガシらと楽に会話できるという点で、セクシーバーを好む』『ルームサロンに比べて料金がかなり安く負担が少ないので友達とよく訪れる』と話した。
酒類マーケティング会社の某チーム長は『景気不況で高価なルームサロンの代わりにセクシーバーを訪れる人々が多い、割安の価格でサービスを楽しむことができるというのがセクシーバーの長所』とし、ソウルの江南やイテウォンを中心にソウルだけで約2400個のセクシー・バーが分布している。 
この1~2年の間に急に数が増えた"と説明した。
しかし、このように急激な店舗増加は、質の低下ににつながっている。 
セクシーバーも競争が激しくなったことによってアガシらの露出が深刻化している。
ほとんど一般の飲食店に登録されたセクシーバーたちは、初期の段階では短いティーシャツにホットパンツ姿でサービスをしていた。
しかし、昨年夏から本格的な露出競争が始まり、今ではビキニ、ランジェリー姿で客を誘惑している。
ソウル江南(カンナム)でも人気が多いというセクシーバーの最近の露出水準は徐々に強くなっている。
夜12時が近づくとアガシらがセクシー衣装に着替えているところもある。
ノーパン姿の女性を登場させ、刺激的なショーを披露するのはもちろん、トランスジェンダーショーを見せてくれる。
特に、最近人気があるセクシーバーは天井と床をすべて鏡で飾り、客の視覚的興奮を促します。
午後10時以降2回にわたってストリップショーをすることでも有名だ。 
また、コスプレバー、酒、女、賭博の3要素を備えたカジノバーなど異なるタイプの風俗との結合も試みている。
特にコスプレバーは大衆スターや漫画やアニメのコスプレで客に見る楽しみとセクシーな想像もプレゼントする。
これからもさらにセクシー衣装での接客が加熱しそうだ。
 

韓国釜山(プサン)ソウル夜遊び風俗の新しい文化・・・ノレバン(日本のカラオケ)の変化について

ノレバン

昔から日本で流行して人気のあるものは、何でもすぐ韓国に渡り韓国でも流行をしました。
その理由は日本と韓国は最も近い国だからです。
日本の何処からでも飛行機で2時間以内に、ソウルや釜山など韓国のどこでも行くことができるし、特に日本の九州地方から韓国の釜山までは船でも3時間程で行ける本当に近い国だからです。
約20年前から韓国ソウルと釜山(プサン)で流行しているノレバン(日本のカラオケ)という夜遊びシステムがあります。
最初は日本のカラオケが釜山に渡って釜山(プサン)で大流行をしておりました。
その後ソウルに渡ってソウルでも大々的な流行をしたそうです。
日本から韓国に渡ってきたこのカラオケが、約10年前からノレバンという名で今もすごく人気がある夜遊び文化になりました。
韓国語でノレバンという意味は、日本語で翻訳をすると『歌を歌う部屋』という意味です。
この歌の部屋というシステムが、最初は家族と友達が健全に遊んだシステムだったのですが・・現在は少し風俗店よりに変わりました。
最近、韓国で流行しているノレバンは男同士で行く場合が90%です。
例えば男3人でノレバンに行ったら、ノレバンの従業員がアガシを5人程度呼びます。
やはりノレバンでもアガシをチョイスができますし、勿論気に入らない場合はチェンジも可能です。
各自パートナーを選ぶと、そこからはアガシらと一緒に歌いながら簡単にお酒を飲み楽しい時間を送ります。
ノレバンの利用料金は時間単位で追加されますが、基本1時間で3千円ぐらいです。
5人以上の場合は、部屋がもっと大きい部屋になるので5千円ぐらいになります。
ここにアガシを呼んだら、1人1時間で普通3千円ウォンぐらいです。
問題はお酒ですが、基本的に韓国のノレバンでは法律的にお酒を売ることができません。
しかし、99%のノレバンでは簡単なおつまみとお酒を売ってます 笑
お酒代も1当たり3千円くらいなら、そんなに負担感はない料金だと思いますよ。
アガシらと1時間くらい歌いながら楽しく遊んでアガシとある程度の雰囲気が出来たら。
近くのホテルに行ってHをしてましたが、最近の韓国ノレバンではお互いに気に入ると、すぐに部屋の中でHが可能という事です。

以上 韓国ソウル釜山の新しい夜遊び風俗システムノレバンでした!!!!

 

釜山 アガシ料金はこちら

 

今まで知らなかった! エスコートアガシという韓国語の意味について!!

エスコートアガシ

皆さん、エスコートアガシの正確な意味を知っていますか?
皆さんに正しいエスコートアガシの意味についてお教えしましょう。
まず、ほとんどの韓国ソウルや釜山(プサン)のエスコートアガシ紹介業者は、エスコートアガシという単語を使いますが、その意味は若くてセクシーな韓国女性達を指しております。
しかし、韓国でエスコートアガシという単語を、一般の人達が使用することはありません。
韓国でエスコートという単語は、軍隊で他の軍隊車両や他の軍人たちの前を行進することを意味します。
韓国に夜遊びアガシ観光に来て、一般の韓国人女性たちにエスコートアガシ呼ぶのは絶対にダメです 笑
そんなこと言った日には、韓国女性が激怒するので絶対にエスコートアガシという言葉は禁句ですよ?笑
その代わり、若い韓国女性たちには『アガシ』と呼んでください。
一般的に韓国の男性達は、誰が見ても若く見える学生のような子には『学生さん』と呼び、20代以上40代以下とみられる女性達には『アガシ』と呼んでいます。

 

韓国アガシ ソウルアガシ 釜山アガシ


勿論、誰が見ても50代くらいの韓国女性達にもアガシと呼んでも問題はないですよ 笑
しかし!!
60代以上の韓国女性たちに『アガシ』と呼ぶのは失礼になります。
じゃーなんと呼べばいいいのか?
それは『アジュンマ(アズンマ)』と呼んでください。
『アジュンマ(アズンマ)』という韓国語は、基本的に結婚をした女性を意味する単語なのです。
しかし、さらに私から皆さんにお勧めしたい、もっと簡単で女性にオールマイティに使える韓国語があります、それは『オンニ』という韓国語です。
『オンニ』という韓国語は20代から60代程度の韓国女性達に、誰にでも使える言葉ですから韓国女性達に気軽に使ってみて下さい。
例えば、ホテルで勤務している韓国女性達や食堂やショッピングに行って案内してくれる韓国女性達にも『オンニ』と呼んでみてください。
間違いなくすべての女性は、愛想よく返事してくれると思いますよ。
今後、韓国ソウルや釜山のどこでも夜遊び風俗旅行に来られても、絶対にエスコートアガシという言葉は使用せず『アガシ』や『オンニ』と呼びましょう。

韓国アガシ ソウルアガシ 釜山アガシ

最近流行している、韓国ソウル風俗の新しい夜遊びシステム!スリノ(3NO)クラブ

スリノクラブ

最近流行している、韓国ソウル風俗の新しい夜遊びシステム!スリノ(3NO)クラブ

ソウル 風俗の最新トレンドを紹介します!!
韓国ソウル全域で新しい韓国夜遊び風俗システム、『スリノ(3NO)クラブ』が流行しています。
スリノクラブは、上着・下着・ストッキングを着用していないエスコートアガシらが接待をします。
最近のソウルの風俗夜遊び業界用語として広がってるようですよ。

韓国 ソウル 風俗

ソウル外郭地域でスリノクラブが人気を受けると、ソウルの近くの都市、京畿高校、一山などを中心にカラオケなど100ヵ所余りが現在絶賛営業中と聞いております。
これらの店は1回あたりの現金15万ウォン程度で、エスコートアガシを選択可能。
ビールとおつまみ(食い放題)というチラシを、夕方ごとに会社員たち配布するそうです。
また、店の宣伝のためにアルバイトを使い、食堂などに通いながら夕食をする男性客たちにチラシを配るなど、多様な方法で広告活動してるようですよ 笑
これらの店は、セックスまで公然と行われ、今までとは違う新しい韓国の夜遊びシステムにになってるそうです。
スリノクラブの営業方式は電話予約、店の位置未公開など、この前ご紹介したオフィステルアガシと同じ感じのようです。
このごろ韓国ソウルの男性たちに多くの人気があるそうです。

ソウル 風俗の最新トレンド!スリノクラブ!!
まだまだいろいろな風俗が現れますね~。
韓国の首都ソウル。
そこには沢山の人が暮らしています。
そして、沢山の男女が居て愛が生まれます。
もちろんセックス産業も同時に膨れ上がっていきます。
どんな風俗も、時がたてば飽きられてきますが、まだまだソウル風俗は楽しいことばかりですよ!
貴方の欲望を必ず埋めてくれるソウル 風俗情報でした!!
 

俗夜遊びシステムキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)って???

キーセンハウス

韓国の風俗夜遊び文化について。
その昔、日本の男性達に一番人気があった韓国(ソウル、釜山)の風俗夜遊びシステム、キーセンハウス(現在はエスコートアガシ)について調べてみます。 
昔から韓国(ソウル、釜山)のような大都市には『接待』という文化がありました。
勿論日本も同じですよね。

現在もこの接待は脈々と受け継がれています。
自分より力が上の人間に、少しでも有利に取り計らってもらうために行う手段。
それが接待です。
個人から企業、さらには政治の世界までこの接待は息づいています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ
韓国 ソウル 風俗 アガシ

 

実は韓国(ソウル、釜山)夜遊び風俗の密室接待文化の始まりはキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)だと言われています。
1945年韓国の解放前後にキーセンハウスと料理屋がソウルだけでも、3000戸はあったと言われてます。
政治家、警察首脳部など社会的に高い地位の人がキーセンハウスを出入しながら、韓国では賄賂や買収を意味する『サバサバ』という用語が初めて登場したとのことです。
1970年代がキーセンハウスの全盛期でした。
すべての社会で接待は高級キーセンハウスで行って、ビジネスを有利に進めたらしいです。
1980年代は韓国(ソウル、釜山)の経済成長とともに、現代版キーセンハウスであるルームサロンとフルサロンが沢山出来たと言われています。
高位層だけでなく、一般会社員達も接待の名目でルームサロンやフルサロンに出入始めたんですね。
この時からルームサロンとフルサロンは接待文化の人気の頂点に浮上し始めます。
1990年代にはルームサロンとフルサロンが密室型のセックス産業を量産する場所に発展しました。
ソウルの江南には従業員を200人以上抱えた企業型ルームサロンとフルサロンが出現し、北倉洞を中心とした江北(カンブク)のルームサロンとフルサロンは、裸体のエスコートアガシを動員した変態的性接待を営業戦略として多くの顧客が利用したと言われてます。
しかし、昔の韓国(ソウル、釜山)風俗キーセンハウスが今はほとんどなくなり、現在は代わりにエスコートアガシとフルサロン、按摩のような風俗夜遊びシステムが韓国(ソウル、釜山)の風俗文化を牽引しています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ

韓国ソウル、釜山風俗夜遊びでの韓国旅行時に注意しなければならない点

タクシー

皆さんが韓国ソウルか釜山に風俗夜遊に来られる時、本当に注意しなければならない点を教えます。
まずは韓国に入る時に必ず通過する場所、それは空港です。
ソウルは仁川(インチョン)空港か金浦(キムポ)空港、釜山は金海国際空港です。
ツアーで来られた場合は旅行会社のガイドさんが出口で待ってるので問題ありませんが、注意しないといけないのは個人旅行者です。
一人で韓国に入国した方を狙うハイエナ達がいます。
そう、ポン引きです・・・。

韓国 ソウル 風俗 アガシ


ポン引きは、タクシー運転手やバンの運転手達がほとんどです。
彼らは慣れない日本語で、「乗車料金を安くして案内します」「タクシー必要ないですか?」「荷物多いですか?」と近づいてきます。
そうしてファーストコンタクト取った後に、「安い料金で若くて綺麗な韓国ソウル釜山エスコートアガシを紹介してくれる」とか「アガシ以外の風俗案内を格安に案内しますよ?」とか巧みに誘ってきます。
一番簡単な方法は、相手にしないことです 笑
話し込んでるすきにスリ似合う場合も考えられます。
今まで私がご案内した日本のお客様に聞きましたが、全体の20%位の方がなにかしら被害にあってるとのことでした・・。
ソウルの空港からホテルまで料金が5万ウォンくらいなのに、メーター操作して10万ウォン位取られたり、バンであれば10倍以上の料金を要求されたり・・。
とにかく韓国に入国後、知らない韓国人に声かけられても相手にしないで下さい。
折角の韓国旅行が、嫌な思い出にならないためにも自己防衛をしっかりしましょう。
そして大満足で帰国してくださいね。