ソウル 風俗 夜遊び セクシーバー/ビキニバー/ランジェリバー

セクシーバー

韓国の一般男性サラリーマン達に人気のある、ソウル 風俗夜遊び!
セクシーバー/ビキニバー/ランジェリバーをご紹介致します。

ソウル江南(カンナム)のセクシーバーに行ってみたら…。
サービスをしているエスコートアガシらの露出度によって風俗店の売上が増える!!
ソウルにだけ(釜山を除く)2400ヶ所が盛業中だという。 (出所:ソウル成人ネット新聞)


隠すところはしっかり隠す。
男達の視線がサービスをしているエスコートアガシの体に釘付けになる。
ビキニのような姿はしてるが、決してヌードとかではない。
最近は一般の食堂、それもファミリーレストラン、韓国料理屋、焼肉店まで女性アガシらのファッションがセクシー路線に向かっている。
尻を強調する短いホットパンツも珍しくなくなってきた。
注文を受ける時、食べ物を下ろす時に胸のラインに男性客らの視線が釘付けになる。

 

 

ソウル アガシ

 

ソウル江南(カンナム)のPセクシーバー。
赤い照明の階段にから中に入ると、黒いビキニ姿のアガシらがお客を迎える。
アガシ達の体が照明の下でセクシーに映し出される。
室内に入ると大小のテーブルが配置されている。
ホールの裏側にアガシらの更衣室、厨房が付いている構造。
全部で5人のアガシらと男性スタッフ1人がホールで働いている。
洋酒、果物、ソフトドリンク等で構成され、20万ウォン(約二万円ほど)基本セットを注文した後、席に座るやいなや、『エスコートアガシらのおさわり禁止!!!』という注意を受ける。
あるアガシの話では、『1年ほど前は、胸や尻を触ろうとする客が多かった。今はかなりよくなった状態です』と話をした。
セクシーな身なりのバーテンダーが居るセクシーバー(sexy bar)の人気がピークに達した。
2~3年前から生まれたセクシーバーは一般サラリーマンたちの風俗文化を変えつつある。
客のイムさんは『すらりとしたアガシらと楽に会話できるという点で、セクシーバーを好む』『ルームサロンに比べて料金がかなり安く負担が少ないので友達とよく訪れる』と話した。
酒類マーケティング会社の某チーム長は『景気不況で高価なルームサロンの代わりにセクシーバーを訪れる人々が多い、割安の価格でサービスを楽しむことができるというのがセクシーバーの長所』とし、ソウルの江南やイテウォンを中心にソウルだけで約2400個のセクシー・バーが分布している。 
この1~2年の間に急に数が増えた"と説明した。
しかし、このように急激な店舗増加は、質の低下ににつながっている。 
セクシーバーも競争が激しくなったことによってアガシらの露出が深刻化している。
ほとんど一般の飲食店に登録されたセクシーバーたちは、初期の段階では短いティーシャツにホットパンツ姿でサービスをしていた。
しかし、昨年夏から本格的な露出競争が始まり、今ではビキニ、ランジェリー姿で客を誘惑している。
ソウル江南(カンナム)でも人気が多いというセクシーバーの最近の露出水準は徐々に強くなっている。
夜12時が近づくとアガシらがセクシー衣装に着替えているところもある。
ノーパン姿の女性を登場させ、刺激的なショーを披露するのはもちろん、トランスジェンダーショーを見せてくれる。
特に、最近人気があるセクシーバーは天井と床をすべて鏡で飾り、客の視覚的興奮を促します。
午後10時以降2回にわたってストリップショーをすることでも有名だ。 
また、コスプレバー、酒、女、賭博の3要素を備えたカジノバーなど異なるタイプの風俗との結合も試みている。
特にコスプレバーは大衆スターや漫画やアニメのコスプレで客に見る楽しみとセクシーな想像もプレゼントする。
これからもさらにセクシー衣装での接客が加熱しそうだ。
 

韓国釜山(プサン)ソウル夜遊び風俗の新しい文化・・・ノレバン(日本のカラオケ)の変化について

ノレバン

昔から日本で流行して人気のあるものは、何でもすぐ韓国に渡り韓国でも流行をしました。
その理由は日本と韓国は最も近い国だからです。
日本の何処からでも飛行機で2時間以内に、ソウルや釜山など韓国のどこでも行くことができるし、特に日本の九州地方から韓国の釜山までは船でも3時間程で行ける本当に近い国だからです。
約20年前から韓国ソウルと釜山(プサン)で流行しているノレバン(日本のカラオケ)という夜遊びシステムがあります。
最初は日本のカラオケが釜山に渡って釜山(プサン)で大流行をしておりました。
その後ソウルに渡ってソウルでも大々的な流行をしたそうです。
日本から韓国に渡ってきたこのカラオケが、約10年前からノレバンという名で今もすごく人気がある夜遊び文化になりました。
韓国語でノレバンという意味は、日本語で翻訳をすると『歌を歌う部屋』という意味です。
この歌の部屋というシステムが、最初は家族と友達が健全に遊んだシステムだったのですが・・現在は少し風俗店よりに変わりました。
最近、韓国で流行しているノレバンは男同士で行く場合が90%です。
例えば男3人でノレバンに行ったら、ノレバンの従業員がアガシを5人程度呼びます。
やはりノレバンでもアガシをチョイスができますし、勿論気に入らない場合はチェンジも可能です。
各自パートナーを選ぶと、そこからはアガシらと一緒に歌いながら簡単にお酒を飲み楽しい時間を送ります。
ノレバンの利用料金は時間単位で追加されますが、基本1時間で3千円ぐらいです。
5人以上の場合は、部屋がもっと大きい部屋になるので5千円ぐらいになります。
ここにアガシを呼んだら、1人1時間で普通3千円ウォンぐらいです。
問題はお酒ですが、基本的に韓国のノレバンでは法律的にお酒を売ることができません。
しかし、99%のノレバンでは簡単なおつまみとお酒を売ってます 笑
お酒代も1当たり3千円くらいなら、そんなに負担感はない料金だと思いますよ。
アガシらと1時間くらい歌いながら楽しく遊んでアガシとある程度の雰囲気が出来たら。
近くのホテルに行ってHをしてましたが、最近の韓国ノレバンではお互いに気に入ると、すぐに部屋の中でHが可能という事です。

以上 韓国ソウル釜山の新しい夜遊び風俗システムノレバンでした!!!!

 

釜山 アガシ料金はこちら

 

最近流行している、韓国ソウル風俗の新しい夜遊びシステム!スリノ(3NO)クラブ

スリノクラブ

最近流行している、韓国ソウル風俗の新しい夜遊びシステム!スリノ(3NO)クラブ

ソウル 風俗の最新トレンドを紹介します!!
韓国ソウル全域で新しい韓国夜遊び風俗システム、『スリノ(3NO)クラブ』が流行しています。
スリノクラブは、上着・下着・ストッキングを着用していないエスコートアガシらが接待をします。
最近のソウルの風俗夜遊び業界用語として広がってるようですよ。

韓国 ソウル 風俗

ソウル外郭地域でスリノクラブが人気を受けると、ソウルの近くの都市、京畿高校、一山などを中心にカラオケなど100ヵ所余りが現在絶賛営業中と聞いております。
これらの店は1回あたりの現金15万ウォン程度で、エスコートアガシを選択可能。
ビールとおつまみ(食い放題)というチラシを、夕方ごとに会社員たち配布するそうです。
また、店の宣伝のためにアルバイトを使い、食堂などに通いながら夕食をする男性客たちにチラシを配るなど、多様な方法で広告活動してるようですよ 笑
これらの店は、セックスまで公然と行われ、今までとは違う新しい韓国の夜遊びシステムにになってるそうです。
スリノクラブの営業方式は電話予約、店の位置未公開など、この前ご紹介したオフィステルアガシと同じ感じのようです。
このごろ韓国ソウルの男性たちに多くの人気があるそうです。

ソウル 風俗の最新トレンド!スリノクラブ!!
まだまだいろいろな風俗が現れますね~。
韓国の首都ソウル。
そこには沢山の人が暮らしています。
そして、沢山の男女が居て愛が生まれます。
もちろんセックス産業も同時に膨れ上がっていきます。
どんな風俗も、時がたてば飽きられてきますが、まだまだソウル風俗は楽しいことばかりですよ!
貴方の欲望を必ず埋めてくれるソウル 風俗情報でした!!
 

俗夜遊びシステムキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)って???

キーセンハウス

韓国の風俗夜遊び文化について。
その昔、日本の男性達に一番人気があった韓国(ソウル、釜山)の風俗夜遊びシステム、キーセンハウス(現在はエスコートアガシ)について調べてみます。 
昔から韓国(ソウル、釜山)のような大都市には『接待』という文化がありました。
勿論日本も同じですよね。

現在もこの接待は脈々と受け継がれています。
自分より力が上の人間に、少しでも有利に取り計らってもらうために行う手段。
それが接待です。
個人から企業、さらには政治の世界までこの接待は息づいています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ
韓国 ソウル 風俗 アガシ

 

実は韓国(ソウル、釜山)夜遊び風俗の密室接待文化の始まりはキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)だと言われています。
1945年韓国の解放前後にキーセンハウスと料理屋がソウルだけでも、3000戸はあったと言われてます。
政治家、警察首脳部など社会的に高い地位の人がキーセンハウスを出入しながら、韓国では賄賂や買収を意味する『サバサバ』という用語が初めて登場したとのことです。
1970年代がキーセンハウスの全盛期でした。
すべての社会で接待は高級キーセンハウスで行って、ビジネスを有利に進めたらしいです。
1980年代は韓国(ソウル、釜山)の経済成長とともに、現代版キーセンハウスであるルームサロンとフルサロンが沢山出来たと言われています。
高位層だけでなく、一般会社員達も接待の名目でルームサロンやフルサロンに出入始めたんですね。
この時からルームサロンとフルサロンは接待文化の人気の頂点に浮上し始めます。
1990年代にはルームサロンとフルサロンが密室型のセックス産業を量産する場所に発展しました。
ソウルの江南には従業員を200人以上抱えた企業型ルームサロンとフルサロンが出現し、北倉洞を中心とした江北(カンブク)のルームサロンとフルサロンは、裸体のエスコートアガシを動員した変態的性接待を営業戦略として多くの顧客が利用したと言われてます。
しかし、昔の韓国(ソウル、釜山)風俗キーセンハウスが今はほとんどなくなり、現在は代わりにエスコートアガシとフルサロン、按摩のような風俗夜遊びシステムが韓国(ソウル、釜山)の風俗文化を牽引しています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ

韓国ソウル夜遊びオフィスガール

按摩

今年で韓国ソウル、釜山(プサン)において、夜遊びエスコートアガシ紹介歴18年の実績を持つ「エスコートアガシ案内所」が、自信を持ってご紹介する2016年度のトレンド風俗!!!
それは、「夜遊びオフィスガール」です!今回皆さんに詳しく紹介いたします!!
約3年ほど前から韓国の風俗夜遊びに対する警察の取り締まりが多くなってきました。
しかし、風俗夜遊びについて取り締まりが続いても、結局のところ全世界で男性と女性が存在する限り無くなることは決してありません。
それは韓国も同じです。
しかし日本のソープ等みたいに、一箇所でお店を持って営業を続けるなら、たまには取り締まりを受けることになるでしょう。
韓国の風俗夜遊びに対する取り締まりは思ったより深刻でなく、処罰も店の罰金刑程度でお客様がなんらかの処罰を受けることはありません。
そのため韓国男性らはリスクなく、夜の遊びを楽しむ事ができるのです。
その程度の軽微な罰金くらいしか処罰がないので、OLアガシらが直接オフィスに自分の部屋を作って客を集めて営業をしているのです。
このシステムがオフィスです!
惜しくもほとんどのオフィスアガシらがインターネット上でしかお客様の予約を受けていないので、日本人の方は簡単に行くことができないシステムなのです。
また、99%のアガシらが日本語はぜんぜん話せないので、さらに日本人が行くのが難しいでしょう。
韓国人である私も、実は行くのが容易ではないです・・・。
しかし・・だからこそコアな風俗で是非遊んで見たいと思うものです!!
遊び方ですが、まずインターネットによりオフィスのアガシと予約をすると、アガシより連絡先(携帯電話番号を入力すると、オフィスアガシからメッセージが来ます。)
と時間と場所を教えてくれます。
約束した時間に指定の場所に行ってオフィスアガシにメッセージをすれば、アガシのいる部屋番号を教えてくれます。
期待と緊張の瞬間ですよね・・。
ある意味この時間が一番楽しいのかもしれません・・・。
部屋に行ってベルを押すとアガシが迎えに出ます。
お互いに初めて会うためにオフィスアガシも私もお互いに緊張をするでしょう..
アガシと簡単な飲み物(コーヒー等)を飲みながら話をしながらお互いの緊張感を無くす時間を持ちます。
少し緊張感がなくなったらシャワータイムです。
その後は・・Hタイムです・・。
およそ1時間程度の韓国ソウル、釜山(プサン)、人気夜遊びオフィスアガシシステム。
皆さんも韓国ソウル、釜山(プサン)に観光に来たら、一度は体験をしてみることをおすすめいたしますよ! 

フルサロンのお話

韓国風俗 韓国アガシ ソウル風俗 ソウルアガシ 釜山風俗 風俗情報

韓国のソウル、釜山(プサン)に遊びに来る日本男性の方へ!
今日はフルサロンのお話です!
日本の男性たちに最も人気のあるソウル、釜山(プサン)の夜遊びエスコートアガシ、按摩は24時間いつでも可能ですが、フルサロンは午後8時ごろから営業を開始します。
まずは腹ごしらえで美味しい夕食を堪能して、その後フルサロンへ行くのが時間的にちょうどいいでしょうね。

ソウル風俗 釜山風俗 アガシ フルサロン

フルサロンのアガシ達は、大半が午後8時頃に出勤をするので、その日最初のお客になりましょう 笑
フルサロンは店ごとに若干違いはありますが、だいたい通常50人程度のアガシが居ます。
フルサロンではママが6~7人位のアガシを連れてきて直接アガシを選ぶことが出来ます。
写真で見るのと違って実際にアガシを見れるのはいいですよね。
お気に入りのアガシが決まったら、すぐにアガシのショーが始まります。
日本で言うことこの女体盛り?みたいなショーもあります。
ショーが終わるとカラオケタイム!
1時間程度カラオケとお酒を楽しんで下さい。

ソウル風俗 釜山風俗 アガシ フルサロン

その後、ルームでのお遊びが終わるといよいよ、お店が契約してるホテルへ移動です。
そこからアガシと熱い時間です!!
韓国のソウル、釜山(プサン)にお越しの際は是非一度体験しみて下さい。

韓国 風俗 按摩について

按摩

韓国の男性はどこで夜遊びすると思いますか?
最近の韓国男子に人気のあるホットな風俗は、按摩とフルサロンです。
今日はその按摩についてお話しますね♪

按摩(マッサージ)のお店は、ほとんど24時間営業です。

韓国 ソウル アガシ情報 風俗床屋
全世界探しても24時間営業の風俗店は、なかなかないですよ?笑
昼も夜も風俗に熱い国!それが韓国!!!あ、すみませ話がそれました・・・笑
勿論、韓国男子も昼は仕事してるので遊びに行くのは夜なんですけどね・・。
それでも按摩はいつもお客さんで賑わっています。

按摩のアガシ達は、昼間は3分の1程度出勤していて、殆どのアガシは夜出勤します。
昼組と夜組の交代時間は夜8時くらいが多いようですね。
なので、私がおすすめする時間帯はズバリ20時頃がおすすめです 笑

韓国 ソウル アガシ情報 風俗床屋


プレイの流れですが、まずカウンターで料金先払です。
まーこれは日本のソープと一緒ですね。
店によって若干違いますが、基本サウナ施設がついています。
なのでまずはサウナで一汗かきます。

サウナを終えると、ママさんが別室に案内してくれます。
その後、視覚障害のマッサージ師が入念にマッサージ(按摩)を約40分程度やってくれます。
これは本当に見かけだけのマッサージでなく、本格的なプロの按摩(マッサージ)なんですよ?笑
按摩(マッサージ)が終わったらいよいよ・・・アガシを見せていただきます。
勿論チェンジも可能です。
お気に入りのアガシが見つかったらいよいよお部屋に入ります。

お部屋に入ったら、まず軽く飲み物でものんでアガシと一緒にシャワーを浴びます。
アガシが綺麗に洗ってくれるので、ここは抑える気持ちをぐっと抑えて黙って洗ってもらいましょう 笑笑
そこからは・・・。
アガシのフルサービス!!
内容は日本のソープと似た感じでしょうか?

およそ2時間の夢の時間。

韓国ソウル 釜山に遊びに行ったら是非一度体験してみて下さい!!