2017年3月 エスコートアガシ達に大人気があるソウルの弘大近くにあるクラブに行って来ました

ソウル 風俗

韓国のソウルでエスコートアガシ達に大人気があるクラブというところに行ってみました。
ソウル、釜山の若いアガシ達にストレス解消NO.1の場所と言われる弘大の近くに位置したnbというクラブでした。
ちなみにnbというクラブはヒップホップクラブでした。
平日には入場料が1万ウォン(約1000円くらい)、週末は2万ウォンです。
行った日に限って夜12時前には外に出ることができないと言われましたが理由は私もわかりませんでした。
たぶん店が儲けるための作戦???

ソウル 風俗

一人で行くのがちょっと恥ずかしかったので、男友達と一緒に行ったんですが、私が一人でトイレに行っている間に友達が知らないアガシにアタックを受けたそうです。
そのアガシが友達の携帯番号を聞いてきましたが、友達は自分の好みではないので教えなかったらしいです(笑

ソウル 風俗

クラブのステージです。
平日午後9時ごろだったですが、予想外に人が多かったです。
やはりアガシらに人気が高いクラブなのかもしれませんね。

ソウル 風俗

私もタバコを吸うのですが、喫煙者が多いので非喫煙者の方には、少し居心地がよくないそんな感じです。
ご参考してくださいね。

ソウル 風俗

私が夜遊びに行ったクラブnbのメニューです。
全体的に料金がカラオケやフルサロンよりも、少しは安い価格だと思われます。

ソウル 風俗

1階ステージにはとても人が多かったんですが、2階には座れる席があるくらい人は多くなかったです。
2階でも酒に酔ったためか、ダンスを踊る人も多かったですね。
残念なのは、歌が1990年代末の歌?昔の歌がたくさんありました。
私たちは簡単にお酒を飲んで、12時ちょっと過ぎに出ましたが、雰囲気でナンパも可能だと思います。
もし運が悪ければ、韓国のエスコートアガシ達は性格がきつくてなぐられるかもしれないですので気をつけてください(笑)

バンソクジプ

ソウル 風俗

バンソクジプって聴いたことありますか?
韓国語辞書で調べると、高級ではなく一般的な?亭(接待をしてくれるエスコートアガシがいる高くない飲み屋)を意味する単語となっています。
現在まで、約60年以上を生き残ったソウルの古い風俗『バンソクジプエスコートアガシ』について調べてみましょう。

バンソクジプは、日本の料亭に似ています。
座布団に座った男性客達が、エスコートアガシらと食事してお酒を飲みながら 遊ぶことが出来る店という意味だそうだ。
バンソクジプの料金は客一人当たりの料金では無く、ビール1ボックス(20本)を基準に簡単な食事とおつまみを含む料金とのこと。
バンソクジプは安い料金なので、エスコートアガシらのレベルも下がっている。
基本的にはバンソクジプのエスコートアガシらと、酒とつまみを食べながら簡単なスキンシップが可能なシステムだが、最近のバンソクジプは別途のルームでHも可能という(Hは追加料金)。

ソウル風俗

お客A氏の体験談

簡単に言えば座布団に座ってエスコートアガシらと酒を飲んで遊ぶところがバンソクジプです。
今もソウルや釜山(プサン)など、多くのバンソクジプが営業をしています。
バンソクジプに行けばとりあえずビール1ボックスに(20本)飲料水と簡単なおつまみが出て、すぐにエスコートアガシらがやってきます。
チョイスもないし、レベルも大きく低下します・・。

●バンソクジプの最高人気ショー

ギェゴク酒(谷間の酒)です!!!
エスコートアガシらが裸で自分のパートナーに、自分の首からビールを注ぎながら自分のそこ(?)でビールをグラスに受けて客に飲ませてくれる酒です。
雰囲気に酔ったせいか味がありました。
バンソクジプは大部分が小さな飲み屋で、警察や公務員たちの取り締まりもないし、安心して夜遊びを楽しめるところです。
もちろん望むならHもできます。
普通の追加料金10万ウォン(約一万円程度)ほどで可能です。
一度は体験してもよさそうな夜遊びシステムだと思いますよ。

●B氏の体験談

バンソクジプについて正確にお知らせいたします。
まず平均料金です。
2人が遊びに行ったら現金基準で25万ウォン(約25,000円程度)。
1当たり約12万ウォン程度(約12,000円程度)と思ったらいいです。
交渉すれば少しはまけてくれることができると思います。
部屋に入るとカラオケ施設や椅子はないからびっくりしないでくださいね。
バンソクジプルームの中にはテーブルと座布団しかありません。
座布団に座って待っていればエスコートアガシらがビール1ボックス(20本)と簡単なおつまみを持って入って来ます。
通常お客さんも服を全部脱いで、肌着だけを着てアガシらと遊びます。
もちろんアガシらもパンツ姿で一緒にお酒を飲みながら遊びますよ。
遊び方は基本的なスキンシップは全部出来ると思ったらいいです。
エスコートアガシらの胸を触って雰囲気が良ければ、男たちのそこ(?)も、アガシがお口で・・・。
普通1時間程度で終わります。
1時間ほど経つと追加料金が発生します。
普通追加1時間に1当たり10万ウォン程度(約10,000円程度)です。
私の考えは1時間程度アガシらの胸とそこ(?)を触って遊んでアガシを気に入ったら横にあるルームに行って簡単にHをしたほうがいいと思います。
なぜなら、追加料金10万ウォンがもったいないと思うからです。
ああ、一つお知らせいたします。
栓抜きは必ずアガシらに与えないでください。
ビール瓶を全部取ってお客さんに内緒で捨ててしまいます!

以上 韓国の古い風俗夜遊び文化バンソクジプの話でした。

韓国のソウル江南フルサロンアガシとの出会い!!

エスコートアガシ

今回はソウルの江南(ガンナム)人気夜遊びフルサロンのエスコートアガシとの情熱的な体験記です。

全世界で人気の韓国歌手、PSY(サイ)の歌『江南スタイル』ご存知ですか?

その歌でも有名な韓国ソウルの江南(カンナム)で一番人気が多いといわれる夜遊びフルサロンのエスコートアガシと遊びに友達と行ってきました。


2017年1月13日金曜日でした。

最初は友達と夕飯を食べながら簡単にお酒も飲みにソウル江南区駅三洞にある食堂に行った。
すると突然知らない男が近寄って来て、おもむろに挨拶をしながらフルサロンについて説明し始めた。
一人あたり45万ウォンに2部(H)+ホテル費まで含め遊べるとの事。
そして最高級のエスコートアガシらが50人以上居て選ぶことも出来、気に入らなければ遊ばなくてもいいとの事。
もし夕食後、時間があれば電話をしてくれと、名刺を渡して行ったんです。

私と友達はおいしく夕飯を食べてソウル風俗専門家の友達(笑)に電話をして、江南の某フルサロンを知っているのか聞いたら、その友達が最近すごく有名なフルサロンで、自分も2度行ったとのこと。
エスコートアガシらのレベルも高く、サービスも大満足したんだと、少し興奮気味に話してくれた。
友人からの確かな情報も加わり、そこに加えてほろ酔い気味・・。
私と友達はフルサロンに行くこととした。

エスコートアガシ

有名というフルサロンに着てみると、予想外に高級ルームサロンの雰囲気でした。
ルームに入ると、私たちに名刺をくれたウェイターが来てシステムを再度説明してくれました。
ルームサロンと異なる点だが、エスコートアガシのどこでもタッチOKとのこと。
通常ルームサロンアガシらは、なかなか触らせてくれないのに・・。
サービスに冷たいビールを飲みながら待ってると、ウェイターがこう言いました。
『今からアガシを選んでもらいますが、もしアガシが気に入らなければビール料金も払わなくていいですよ』
その言葉に、お店側のすごい自信が伺えます。
そのまま待ってると10人ほどのアガシが現れた。
どれも凄いレベルのアガシたちだ・・。
私たちはすぐに、それぞれアガシらをチョイスをしました。
チョイスが終わると、担当ウェイターが前払いを要求しました。
前払い??その言葉にちょっと不安がよぎりました。
担当ウェイターが、『前もってホテル部屋も予約しなければならないし絶対に追加料金が発生しないから安心しろと』言いながら、明るく笑いながら話をします。
金を受け取ったウェイターが『絶対に1ウォンも追加料金はないから安心して楽しい時間過ごしてください』と言い残し去っていった。
ウェイターが出るとすぐ酒とつまみが出ました。
すると先程の心配を忘れる位の、エスコートアガシの濃厚なサービスが始まった・・。
スキンシップも、まさに恋人のそれのような優しく暖かい感じ。
ルームサロンとは違ってエスコートアガシらが『チップをください』と一言も言いませんでした。

エスコートアガシ
担当ウェイターがホテルに案内をすると言って私と友達はホテルにGO!
ホテルの部屋に入るとすぐ私の恋人が(アガシ)一緒にシャワーに行こうといいます。
久しぶりに女性と一緒にシャワーを浴びる。
エスコートアガシもきれいで、セクシーで私は大興奮でした。
H時間は1時間くらいといったが私があまりにも興奮して、あまりにも早く終わってちょっと惜しかったです・・。
Hも終わったが、パートナーのエスコートアガシが帰らないんですよ。
なぜ帰らないのかと聞いてみたら、約束した時間になるまで一緒にいてくれると・・。
残った時間のベットで抱きしめて簡単にスキンシップを楽しみました。
久しぶりにHもして、按摩店とは違って新しい恋人の雰囲気もあり、アガシ電話番号も交換してロビーに下りてきました。
江南夜遊びフルサロン。。。
私たちを大満足させてくれて本当に楽しく遊んできました^^

ソウルと釜山で一番綺麗なエスコートアガシと会えるシステム情報!!

下着

ソウルと釜山で一番綺麗なエスコートアガシと会えるシステム情報!!

韓国のソウルと釜山の風俗で、按摩、カラオケ、フルサロン、ルームサロン、エスコートアガシ、スリノクラブ等、皆さんに紹介してきましたが、また新しく2017年!韓国のソウルと釜山で一番綺麗なエスコートアガシと会えるシステム情報をご紹介いたします!!!
そのシステムはランジェリークラブです!!
 

ランジェリー

基本的にはフルサロン、高級ルームサロンとほぼシステムは似ているのですが、違う点はランジェリークラブのエスコートアガシは、文字通りランジェリーを着てチョイスをする点ですね。
簡単に言うと、セクシーなパンティーとブラだけのアガシを見て、お客さんたちは直接気に入るエスコートアガシをチョイスします。
チョイスが終わったら、選択したアガシの挨拶サービスが始まります。
アガシがお客さんの膝に座ってブラを脱いで(ただし、パンツはまだです)簡単なスキンシップ。
もっと熱いスキンシップも可能ですが…それは皆さんの実力ですね 笑
エスコートアガシと1時間程度部屋で酒も飲んで歌も歌って。
最後にルームで情熱的なHまで。
ランジェリークラブの料金は店によって少しは違いますが、1回当たり50万ウォン(約5万円程度)だそうです。

セクシーなパンティーとブラだけのサービスいいですよね(笑)
 

スリノ(3NO)クラブ情報その2

スリノクラブ

韓国ソウル警察の夜遊び風俗に対する取り締まりが多くなり、ソウルから近い新都市の京畿道地域に新たな風俗文化が生まれているそうです。

ソウルの風俗業界などによると、キスバンやオフィス買春などの不法性売買業者に対する警察の取り締まり以降、ソウルから最も近い都市である一山東区ラフェスタなどのカラオケを中心に新しい風俗『スリノ(3NO)クラブ』が流行っています。
『スリノ(3NO)クラブ』は上着・下着・ストッキングの3つが無いから3NOスリーノー、スリノという業界用語となりました。
京畿道一山(イルサン)東区風俗村のラフェスタを中心に一山(イルサン)全域にカラオケと居酒屋などが現在営業中です。
前回の記事でもお話しましたが、これら飲食店は1回あたり10万ウォンにエスコートアガシ選択可能、ビールとおつまみかわり自由というチラシを、夕方ごとに一山地域に無差別散布しています。
また、アルバイトアガシを雇って、食堂などに通いながらお客さんに名刺を配るなど多様な方法で集客しています。
実際にこれらの店を何ヶ所か探してみた客A(44)氏は、利用時間が45分になると店主が部屋に入ってきて、『基本時間が過ぎた』と時間の延長を話したりもする、アガシらは10万ウォンを出せば、現場(ルーム)でエッチも可能だということです。
これら飲食店は看板だけカラオケや飲み屋であるだけで、似性行為まで公然と行われる。
こんなに多くの新しい夜の遊び文化システムが出てきているが、取り締まり機関である高陽市一山西区・東区警察署風俗団俗界の取り締まりは全くしていないようです。
 

そうr

ソウル 風俗は天国!

韓国アガシ

皆さんこんにちはスタッフKです。
日本でも寒い日が続いてるようですね~。
今週末は雪も降るところがあるようですね。
私のいるソウルは超寒いです!!!
私からしたら日本は暖かいですよ~。
インフルエンザも流行ってるようなので気をつけて下さいね~。

さてさて、今日はソウル風俗のお話をしたいと思います。
ソウルは皆さんご存知の通り、韓国の首都です。
日本で言うところの東京ですね。
そんな首都でのソウル風俗、間違いなく韓国で一番ホットなエリアです。
もちろん釜山だって十分に楽しめるのですが、やはり韓国のど真ん中!そう!ソウル風俗で遊ぶのが一番最高ではないでしょうか?
今までにもいろいろ風俗のお話をしてきました。
床屋やカラオケ等など。
ですが私が一番オススメするのはやはり定番のエスコートアガシですね。
ソウル風俗において、頂点に君臨するのはやはりエスコートアガシです。
なぜ私が一番オススメするかというと、やっぱり恋人気分を味わえるからです。
例えば皆さん日本の風俗行って風俗嬢と遊びますよね?
その時ってヌクのがメインでしょう?
溜まったからヌク!
まー当然の行為です。
中にはお気に入りの嬢が居て、その子に会いに行く人も居るでしょう。
エスコートアガシはその後者に似てますね。
アガシと2人の時間を過ごすことで不思議と恋に落ちてしまいます。
その後に、アガシに会うために韓国来る人が本当に多いんですよ。
皆さんがよく言われるのが、『最初は割り切った関係なんだから・・・』っておもってアガシと接するらしいのですが、アガシの情熱的な態度や優しい態度にだんだん『え?この子ひょっとして俺のこと好き・・・?』という疑問が湧いてきて、最後アガシと別れると言葉にできない寂しさに包まれるそうです。
そう、貴方恋に落ちましたね?ニヤリw

ヌクだけなら日本でもいいと思うんです。
異国の美女と恋に落ちる、そのシステムが楽しいし、忘れかけた心を取り戻してくれるんです!

まだまだ枯れるには早いですよ?
沢山恋しませんか?大韓民国で貴方の恋人がまってますよ?

 

最近流行している、韓国ソウル風俗の新しい夜遊びシステム!スリノ(3NO)クラブ

スリノクラブ

最近流行している、韓国ソウル風俗の新しい夜遊びシステム!スリノ(3NO)クラブ

ソウル 風俗の最新トレンドを紹介します!!
韓国ソウル全域で新しい韓国夜遊び風俗システム、『スリノ(3NO)クラブ』が流行しています。
スリノクラブは、上着・下着・ストッキングを着用していないエスコートアガシらが接待をします。
最近のソウルの風俗夜遊び業界用語として広がってるようですよ。

韓国 ソウル 風俗

ソウル外郭地域でスリノクラブが人気を受けると、ソウルの近くの都市、京畿高校、一山などを中心にカラオケなど100ヵ所余りが現在絶賛営業中と聞いております。
これらの店は1回あたりの現金15万ウォン程度で、エスコートアガシを選択可能。
ビールとおつまみ(食い放題)というチラシを、夕方ごとに会社員たち配布するそうです。
また、店の宣伝のためにアルバイトを使い、食堂などに通いながら夕食をする男性客たちにチラシを配るなど、多様な方法で広告活動してるようですよ 笑
これらの店は、セックスまで公然と行われ、今までとは違う新しい韓国の夜遊びシステムにになってるそうです。
スリノクラブの営業方式は電話予約、店の位置未公開など、この前ご紹介したオフィステルアガシと同じ感じのようです。
このごろ韓国ソウルの男性たちに多くの人気があるそうです。

ソウル 風俗の最新トレンド!スリノクラブ!!
まだまだいろいろな風俗が現れますね~。
韓国の首都ソウル。
そこには沢山の人が暮らしています。
そして、沢山の男女が居て愛が生まれます。
もちろんセックス産業も同時に膨れ上がっていきます。
どんな風俗も、時がたてば飽きられてきますが、まだまだソウル風俗は楽しいことばかりですよ!
貴方の欲望を必ず埋めてくれるソウル 風俗情報でした!!
 

俗夜遊びシステムキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)って???

キーセンハウス

韓国の風俗夜遊び文化について。
その昔、日本の男性達に一番人気があった韓国(ソウル、釜山)の風俗夜遊びシステム、キーセンハウス(現在はエスコートアガシ)について調べてみます。 
昔から韓国(ソウル、釜山)のような大都市には『接待』という文化がありました。
勿論日本も同じですよね。

現在もこの接待は脈々と受け継がれています。
自分より力が上の人間に、少しでも有利に取り計らってもらうために行う手段。
それが接待です。
個人から企業、さらには政治の世界までこの接待は息づいています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ
韓国 ソウル 風俗 アガシ

 

実は韓国(ソウル、釜山)夜遊び風俗の密室接待文化の始まりはキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)だと言われています。
1945年韓国の解放前後にキーセンハウスと料理屋がソウルだけでも、3000戸はあったと言われてます。
政治家、警察首脳部など社会的に高い地位の人がキーセンハウスを出入しながら、韓国では賄賂や買収を意味する『サバサバ』という用語が初めて登場したとのことです。
1970年代がキーセンハウスの全盛期でした。
すべての社会で接待は高級キーセンハウスで行って、ビジネスを有利に進めたらしいです。
1980年代は韓国(ソウル、釜山)の経済成長とともに、現代版キーセンハウスであるルームサロンとフルサロンが沢山出来たと言われています。
高位層だけでなく、一般会社員達も接待の名目でルームサロンやフルサロンに出入始めたんですね。
この時からルームサロンとフルサロンは接待文化の人気の頂点に浮上し始めます。
1990年代にはルームサロンとフルサロンが密室型のセックス産業を量産する場所に発展しました。
ソウルの江南には従業員を200人以上抱えた企業型ルームサロンとフルサロンが出現し、北倉洞を中心とした江北(カンブク)のルームサロンとフルサロンは、裸体のエスコートアガシを動員した変態的性接待を営業戦略として多くの顧客が利用したと言われてます。
しかし、昔の韓国(ソウル、釜山)風俗キーセンハウスが今はほとんどなくなり、現在は代わりにエスコートアガシとフルサロン、按摩のような風俗夜遊びシステムが韓国(ソウル、釜山)の風俗文化を牽引しています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ

韓国ソウル、釜山風俗夜遊びでの韓国旅行時に注意しなければならない点

タクシー

皆さんが韓国ソウルか釜山に風俗夜遊に来られる時、本当に注意しなければならない点を教えます。
まずは韓国に入る時に必ず通過する場所、それは空港です。
ソウルは仁川(インチョン)空港か金浦(キムポ)空港、釜山は金海国際空港です。
ツアーで来られた場合は旅行会社のガイドさんが出口で待ってるので問題ありませんが、注意しないといけないのは個人旅行者です。
一人で韓国に入国した方を狙うハイエナ達がいます。
そう、ポン引きです・・・。

韓国 ソウル 風俗 アガシ


ポン引きは、タクシー運転手やバンの運転手達がほとんどです。
彼らは慣れない日本語で、「乗車料金を安くして案内します」「タクシー必要ないですか?」「荷物多いですか?」と近づいてきます。
そうしてファーストコンタクト取った後に、「安い料金で若くて綺麗な韓国ソウル釜山エスコートアガシを紹介してくれる」とか「アガシ以外の風俗案内を格安に案内しますよ?」とか巧みに誘ってきます。
一番簡単な方法は、相手にしないことです 笑
話し込んでるすきにスリ似合う場合も考えられます。
今まで私がご案内した日本のお客様に聞きましたが、全体の20%位の方がなにかしら被害にあってるとのことでした・・。
ソウルの空港からホテルまで料金が5万ウォンくらいなのに、メーター操作して10万ウォン位取られたり、バンであれば10倍以上の料金を要求されたり・・。
とにかく韓国に入国後、知らない韓国人に声かけられても相手にしないで下さい。
折角の韓国旅行が、嫌な思い出にならないためにも自己防衛をしっかりしましょう。
そして大満足で帰国してくださいね。

韓国ソウル夜遊びオフィスガール

按摩

今年で韓国ソウル、釜山(プサン)において、夜遊びエスコートアガシ紹介歴18年の実績を持つ「エスコートアガシ案内所」が、自信を持ってご紹介する2016年度のトレンド風俗!!!
それは、「夜遊びオフィスガール」です!今回皆さんに詳しく紹介いたします!!
約3年ほど前から韓国の風俗夜遊びに対する警察の取り締まりが多くなってきました。
しかし、風俗夜遊びについて取り締まりが続いても、結局のところ全世界で男性と女性が存在する限り無くなることは決してありません。
それは韓国も同じです。
しかし日本のソープ等みたいに、一箇所でお店を持って営業を続けるなら、たまには取り締まりを受けることになるでしょう。
韓国の風俗夜遊びに対する取り締まりは思ったより深刻でなく、処罰も店の罰金刑程度でお客様がなんらかの処罰を受けることはありません。
そのため韓国男性らはリスクなく、夜の遊びを楽しむ事ができるのです。
その程度の軽微な罰金くらいしか処罰がないので、OLアガシらが直接オフィスに自分の部屋を作って客を集めて営業をしているのです。
このシステムがオフィスです!
惜しくもほとんどのオフィスアガシらがインターネット上でしかお客様の予約を受けていないので、日本人の方は簡単に行くことができないシステムなのです。
また、99%のアガシらが日本語はぜんぜん話せないので、さらに日本人が行くのが難しいでしょう。
韓国人である私も、実は行くのが容易ではないです・・・。
しかし・・だからこそコアな風俗で是非遊んで見たいと思うものです!!
遊び方ですが、まずインターネットによりオフィスのアガシと予約をすると、アガシより連絡先(携帯電話番号を入力すると、オフィスアガシからメッセージが来ます。)
と時間と場所を教えてくれます。
約束した時間に指定の場所に行ってオフィスアガシにメッセージをすれば、アガシのいる部屋番号を教えてくれます。
期待と緊張の瞬間ですよね・・。
ある意味この時間が一番楽しいのかもしれません・・・。
部屋に行ってベルを押すとアガシが迎えに出ます。
お互いに初めて会うためにオフィスアガシも私もお互いに緊張をするでしょう..
アガシと簡単な飲み物(コーヒー等)を飲みながら話をしながらお互いの緊張感を無くす時間を持ちます。
少し緊張感がなくなったらシャワータイムです。
その後は・・Hタイムです・・。
およそ1時間程度の韓国ソウル、釜山(プサン)、人気夜遊びオフィスアガシシステム。
皆さんも韓国ソウル、釜山(プサン)に観光に来たら、一度は体験をしてみることをおすすめいたしますよ!