韓国のエスコートアガシとの時間を失敗しない方法

韓国 エスコートアガシ

私達が海外旅行を行って、一番してみたい事が何でしょう?
まー人それぞれだと思いますが、やはり男だったら現地の女性を抱きたいですよね!
今日は皆さんに、韓国のエスコートアガシと素敵な思い出を作るためのアドバイスをお話します。

韓国 エスコートアガシ
アガシを紹介するホームページを見てみると、エスコートアガシの料金は、だいたい相場で5万円、7万円、10万円コースがあると書いてあります。
正直安いお金ではないですよね。
一晩で5万円、7万円、10万円の基本料金の以外にも、アガシとの時間に使う食事代、酒代、交通費、チップなど別途費用がかかります。
基本料金以外に+3~4万円くらいかかると思って下さい。
なので、たぶん一晩に約10万円程度は必要でしょう。
10万円は、一般サラリーマンの月給で計算すると約30%!!!
このような大金を使ってアガシとのデートが万が一失敗したら・・・・?
泣くに泣けないです・・。
そこでアドバイスです。
全世界どこに旅行に行っても、現地の女性たちと夜遊びをする時一番大事なポイント、それは良いマナーです。
彼女達も人間だから初めて出会う男性客に緊張するし、時には怖く感じる事もあると思います。
そんな時に必要なものが優しさとユーモアです。
面白い話でアガシらの緊張感をなくすことができます。
エスコートアガシらも最初は緊張感を持って私達と接します。
面白い話と良いマナーだったら、アガシ達も緊張感が無くなり、お互いに恋人モードに変わるでしょう。
高い金をはらって嫌な思いするなんてバカげた話はありません。
であれば、アガシに優しく接して楽しい話を沢山してあげてお互いの緊張を解いていきましょう。
まー要するに彼女に接するように、同じくアガシにも接してあげればいいだけのことです。
優しい男は、どこの国でもモテるってことですね。
これで楽しい韓国旅行をお楽しみ下さい😊

スリノ(3NO)クラブ情報その2

スリノクラブ

韓国ソウル警察の夜遊び風俗に対する取り締まりが多くなり、ソウルから近い新都市の京畿道地域に新たな風俗文化が生まれているそうです。

ソウルの風俗業界などによると、キスバンやオフィス買春などの不法性売買業者に対する警察の取り締まり以降、ソウルから最も近い都市である一山東区ラフェスタなどのカラオケを中心に新しい風俗『スリノ(3NO)クラブ』が流行っています。
『スリノ(3NO)クラブ』は上着・下着・ストッキングの3つが無いから3NOスリーノー、スリノという業界用語となりました。
京畿道一山(イルサン)東区風俗村のラフェスタを中心に一山(イルサン)全域にカラオケと居酒屋などが現在営業中です。
前回の記事でもお話しましたが、これら飲食店は1回あたり10万ウォンにエスコートアガシ選択可能、ビールとおつまみかわり自由というチラシを、夕方ごとに一山地域に無差別散布しています。
また、アルバイトアガシを雇って、食堂などに通いながらお客さんに名刺を配るなど多様な方法で集客しています。
実際にこれらの店を何ヶ所か探してみた客A(44)氏は、利用時間が45分になると店主が部屋に入ってきて、『基本時間が過ぎた』と時間の延長を話したりもする、アガシらは10万ウォンを出せば、現場(ルーム)でエッチも可能だということです。
これら飲食店は看板だけカラオケや飲み屋であるだけで、似性行為まで公然と行われる。
こんなに多くの新しい夜の遊び文化システムが出てきているが、取り締まり機関である高陽市一山西区・東区警察署風俗団俗界の取り締まりは全くしていないようです。
 

そうr

俗夜遊びシステムキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)って???

キーセンハウス

韓国の風俗夜遊び文化について。
その昔、日本の男性達に一番人気があった韓国(ソウル、釜山)の風俗夜遊びシステム、キーセンハウス(現在はエスコートアガシ)について調べてみます。 
昔から韓国(ソウル、釜山)のような大都市には『接待』という文化がありました。
勿論日本も同じですよね。

現在もこの接待は脈々と受け継がれています。
自分より力が上の人間に、少しでも有利に取り計らってもらうために行う手段。
それが接待です。
個人から企業、さらには政治の世界までこの接待は息づいています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ
韓国 ソウル 風俗 アガシ

 

実は韓国(ソウル、釜山)夜遊び風俗の密室接待文化の始まりはキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)だと言われています。
1945年韓国の解放前後にキーセンハウスと料理屋がソウルだけでも、3000戸はあったと言われてます。
政治家、警察首脳部など社会的に高い地位の人がキーセンハウスを出入しながら、韓国では賄賂や買収を意味する『サバサバ』という用語が初めて登場したとのことです。
1970年代がキーセンハウスの全盛期でした。
すべての社会で接待は高級キーセンハウスで行って、ビジネスを有利に進めたらしいです。
1980年代は韓国(ソウル、釜山)の経済成長とともに、現代版キーセンハウスであるルームサロンとフルサロンが沢山出来たと言われています。
高位層だけでなく、一般会社員達も接待の名目でルームサロンやフルサロンに出入始めたんですね。
この時からルームサロンとフルサロンは接待文化の人気の頂点に浮上し始めます。
1990年代にはルームサロンとフルサロンが密室型のセックス産業を量産する場所に発展しました。
ソウルの江南には従業員を200人以上抱えた企業型ルームサロンとフルサロンが出現し、北倉洞を中心とした江北(カンブク)のルームサロンとフルサロンは、裸体のエスコートアガシを動員した変態的性接待を営業戦略として多くの顧客が利用したと言われてます。
しかし、昔の韓国(ソウル、釜山)風俗キーセンハウスが今はほとんどなくなり、現在は代わりにエスコートアガシとフルサロン、按摩のような風俗夜遊びシステムが韓国(ソウル、釜山)の風俗文化を牽引しています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ

茨城県土浦に住んでいる40代男の韓国ソウル夜遊びエスコートアガシとの一晩の体験談

エスコートアガシ

茨城県土浦に住んでいる40代男性の、韓国ソウル夜遊びエスコートアガシとの幻想的な一晩の体験記をご紹介します。


************************************************

こんにちは、私は茨城県土浦に住んでいる平凡な40代の会社員Mと申します。
今年11月4日に、幼い時からの友人達と3回目のソウル旅行に行ってきました。
私は3回目の韓国ソウル旅行ですが、友達は皆始めての韓国ソウル旅行です。
私は以前までは韓国ソウルの夜遊びについては全く知っておらず、(もちろん、韓国ソウルの代表的な夜遊びエスコートアガシも全く知らなかったです)旅行会社のガイドさんが案内してくれるコース通りの盛り上がりのない旅行をしていました・・・。
今回は友達3人とともに、初めてエスコートアガシと幻想的な韓国のソウル旅行をしました。
同行した友達Aがインターネットで韓国ソウルの風俗システムと料金について調べていて、今回の旅行ではエスコートアガシを体験してみたいとお思いました。
予想より多い紹介サイトがあり、メールを送ってみたが二日間返事もないサイトがあったり、何か変な意味不明な返事が来るサイトもいました。
もちろん、すぐに返信が来たサイトもありました。
それなりに安心できるようなサイトを見つけ、韓国のソウル旅行日程と、こちらが希望するエスコートアガシのスタイルなどを伝えて、5万コースのエスコートアガシを予約しました。
2人以上ならば空港まで迎えに来てくれるとの事だったので、送迎をお願いしたんですが、何か恐ろしい韓国のヤクザが来るのかも・・・等いらぬ心配もしました(笑)
私達は皆、初めてのエスコートアガシとの出会いなので、期待と緊張そして少しの恐怖心を感じていました・・。
いよいよ韓国ソウルへの出発!!!!!
成田空港から韓国ソウル仁川(インチョン)空港までは約2時間もかからなかったです。
空港に到着して、出口付近で前を見た瞬間、英語で書かれた私の名前が目に入りました。
韓国ソウルのエスコートアガシ紹介業者スタッフLさんに会いました。
日本の恐ろしい暴力団のような風貌の人だったら皆で逃亡も考えましたが、予想とは全く違って楽しそうで気さくなLさんが居ました。
Lさんはそんなに日本語は上手ではなかったですが、会話には問題ありませんでした。
しかし、それでも緊張と心配が少々残りましたね(笑)
Lさんは駐車場まで歩きながら、ソウルの天気や気温など日本でもよくある日常会話を一生懸命話してくれて、その姿に少しづつですが安心したのを覚えてます。
その後もホテルに行く途中の車内で、Lさんは「韓国ソウル釜山(プサン)での風俗の話」や「日本人と友達になりたい!」等、熱く語ってくれてました。
私達は少しお腹がすいたので、ホテルに着く前に簡単な食事がしたいとLさんにお願いしました。
Lさんは、安くて美味く韓国人が大好きな「鶏カルグッス」というものを食べに行きました。
鶏を煮たスープに麺が入っていてすごく美味かったです。
そして午後2時半頃に予約したホテルにチェックイン!
Lさんが「エスコートアガシ達は午後4時に自分が予約したカラオケに10人ぐらい呼んでます」と説明してくれて、午後3時半にホテルのロビーで再びLさんと合流することにして、友達らと部屋に行って時間を潰しました。
約束した午後3時半Lさんと合流してカラオケに。
エスコートアガシ達が10人との出会いました。
初めて見た韓国のアガシ達・・。
綺麗でセクシーなアガシ達を直接見た時、年甲斐もなく緊張で手に汗握りました(笑)
私が狙ったアガシを友達Sが指名して、結局一番最後に指名することになりました・・。
私が選んだアガシは、背が165㎝程の黒髪が綺麗なミニスカートのアガシKちゃん。
ちょっと冷たい感じの子かな??と思いましたが、すぐにKちゃんは私の腕を組んでくれて、すごく安心しました。
私達は紹介業者Lさんの案内で明洞(ミョンドン)まで行きました。
やはり韓国の明洞は人々で溢れ、活気のある感じでした。
6人で明洞(ミョンドン)を見物してスターバックスコーヒーで温かいコーヒーを飲みました。
紹介業者Lさんが午後6時半に明洞入口に迎えに来ると言ってたので、明洞入口でL氏と合流し一緒に韓国の代表料理カルビを食べに行きました。
韓国に来たら必ず食べなければならない代表的な韓国料理は、やはりカルビですよね(笑)
お店までは明洞から車で20分ぐらいだったと思います。
地元で有名というカルビ屋に到着したがお客の殆どが韓国人!!
日本人韓国客は一人も居ませんでした・・・・。
L氏は「外国人観光客が多いレストランは美味くない!本当に美味しいお店は韓国人が沢山いる店が美味い!!」と力説(笑)
その力説どおり非常に美味しいお店でした!
アガシ達も一緒にカルビとビール、そして韓国焼酎等飲みながら日本と韓国の文化や経済の話など盛り上がり、そこからカラオケに行くことにしました。
カラオケもLさんがちゃんと案内してくれました。
梨泰院(イテウォン)と言うに場所にあるカラオケ。
21時頃だったのでお客さんもかなり多かったです。
私達はステージから近い席に座って韓国ソウルでの初体験のエスコートアガシとのカラオケタイム。
友人Sはテンション上がりすぎて少し飲み過ぎ???
カラオケの従業員達のおもしろい話とビックリショーなど本当に面白いカラオケでの時間でした。
この段階で23時、私も少しは酒を飲みすぎましたね(笑)
Lさんの案内でホテルに到着して自分の部屋にGO!!
そして初めての体験する韓国ソウルエスコートアガシとのH・・・・。
Hは皆さんの想像にお任せします(笑)
初めての体験した韓国ソウルの風俗エスコートアガシ。
私の評価は99%満足でした~~~!!!!
これからは、来年も韓国のソウルでエスコートアガシと出会えるように一生懸命に働きます。

************************************************

以上茨城の40代会社員の韓国ソウルエスコートアガシとの始めての体験談でした!

女性の身体にまつわる話

ソウルアガシ

女性の身体についての俗説って多いですよね~。

例えば女性の口が大きくなったら女性器も大きい。
目が大きい女性は名器が多い。
女性器が黒いと性的経験が多い。
乳首が大き過ぎると、男性経験が多いなどなど・・笑

これら全ては科学的根拠のない俗説と言われてます。


足首が細い女性は締りがいい?


足が細いと締まりがいいとかいう噂もありますが、そんなはずはありません。
やはり筋力の問題なので、足首とは直接の関係はないと思います。

ソウル アガシ

女性の耳を見ると名器か分かる??


名器・・これは世の男性のあこがれのものですよね。
その名器と出会う確率は本当に低いと思います。
そんな中、世の男性は女性の耳が小さいと名器・・・。
という意味のわからない噂が広まりました。
まーイメージ的に、耳が小さい→締りがいい。
という連想なのでしょうね 笑

口の大きい女性は…そこも大きい。

もう単なるイメージの世界ですね 笑
口が大きい→穴が大きい。
なんなんでしょ?この連想ゲーム。
まーわからなくはないですが、全く根拠もなく妄想の世界です。
男性は妄想好きな人も多いので、そうやって女性を視姦してるのかもしれませんね?