キーセンハウスとは?

韓国のキーセンという単語を韓国語辞書で検索すると、昔(約50年ぐらいまえ)韓国で宴会や酒の席で歌や踊りなどで楽しく場を盛り上げることを職業にした女性を(現在のエスコートアガシ)意味する言葉。
また、このような女性(エスコートアガシ)らが男性客に接待をした食堂をキーセンハウスと書かれている。
キーセンは韓国の古代時代から高麗時代、朝鮮時代を経て存在したが、その当時キーセンのエスコートアガシは様々な礼儀を必ず身につけなければならず、教育がとても厳しかったらしいです。
朝鮮時代キーセンアガシらは最近の言葉でいえば、ファッションリーダーだったという。
 

写真 : 1926年、ソウルの有名な芸者ハウスで富豪らがキーセンアガシらと楽しむ姿

 

 

写真 : 今はなくなったが、1960年代ソウルで最も有名だったキーセンハウスミョンウォルグヮンのキーセンダンス公演

 

現在のキーセンハウスは昔と比べると大いに変わった。
昔は一般人らは絶対に行けなかった。
身分が高い人やお金持ちしか行くことがでなかったが、今は一般人も誰でも行けるところになった。
また、最近流行している韓国のソウル、釜山の夜遊び文化であるアンマ、フルサロン、ルムサロン、エスコートアガシ、3NO(スリノ)クラブなど様々な種類のシステムを合わせて新しい夜の遊び文化の一種となった。

今から現在のキーセンハウスについて調べようにしよう。

以前はソウルや釜山など大都市に10ヵ所程度、規模が大きなキーセンハウスがあった。
残念ですが、今はソウルに約5件程度のキーセンハウスがあるという。
今のキーセンハウスは昼には営業をせず夜だけ営業をしている。
夕食料金が1人当たり平均15万ウォン程度(約15000円程度)に飲み代とエスコートアガシ料金は別途だ。
エスコートアガシの料金は一緒に食事をして酒を飲む程度で10万ウォン。
もしエスコートアガシが気に入ったらもちろん、Hも可能だ。
Hの料金(約1時間)は20万ウォンが平均という。
普通、企業の接待が多いけど、最近は一般会社員たちも個人的にたくさん遊びに行くという。
1当たりの夕食+エスコートアガシ料金+Hまで約50万ウォン程度。
最近に流行しているフルサロンや3NOクラブなどと比較しても絶対に高い料金じゃないと考えられます。
キーセンハウス、一度は体験してはいかがでしょうか?
 

エスコートアガシの問題やフルサロンの紹介です

今まで沢山のお客様が韓国エスコートアガシ旅行に来て、多くの失望をしたと思います。最近の韓国エスコートアガシらは昔とは違います。
お客様にプレゼントをねだったり、帰る時はタクシー代やチップを無理に要求したり・・多くの顧客が失望してしまいます。
私も皆さんと同じ男として、また韓国のソウルと釜山(プサン)の風俗夜遊び紹介業者として本当に恥ずかしいです。
そこで今回は、新しい韓国ソウルの夜遊び風俗システム、フルサロンを案内します。

  


韓国ソウル夜遊び風俗最高のシステムフルサロンのエスコートアガシらの強力なセクシーサービス!!!

 

約20年間、ソウル夜の世界でお客様たちの100%満足だけを考えながら生きてきた夜の皇帝Mr.リです

 

毎日夕方7時30分から午前3時まで営業しております。

 

予約及びお問い合わせはラインに24時間OK(もちろん、日本語も可能です)

 

 ラインID : koreairotboy

 連絡先   韓国から   010-4902-0019    担当者: 李(り)

 


 

韓国ソウルの最高のセクシーハードコアサービスシステムと夜遊ぶ方法、そして料金をお客様たちにお知らせします。


 

 

*サービス時間は約2時間です。

 


美しいエスコートアガシらのセクシーショーに始まりお客様たちと一緒に洗って、くわえて、触れて、振りながら、死ぬほど遊べます

 

*仕上げは強力なリップサービス+Hタイム!!!
皆さんのそこ(?)が抜けないように注意してください!!

 

 

 

 

 

 

韓国ソウル風俗夜遊び最高の夜の皇帝Mr.リの幻想的なサービス料金をお知らせいたします。

 

コース(約120分)

 

ウイスキー+ビール無制限+果物おつまみ+おつまみ+エスコートアガシ

 

料金:500,000ウォン(一人当たり)

 

 

●現金基準であり、カードで支払う場合30%の手数料が発生します。 

●ソウル市内なら どこでもお迎え+送り迎え込み(お迎えに上がるのに約2時間くらい前もって ご連絡ください)

 
Mr.リが韓国ソウルの一生忘れられない夜をご提供します。

 

24時間年中無休

エスコートアガシと一緒に食べるタッカルビ!

タッカルビ

韓国ソウル、釜山(プサン)でエスコートアガシと素敵なデートをしながら食事。
そんな時に一番オススメな料理がタッカルビです!
今日はそんなタッカルビをご紹介しますね。
韓国の一般家庭でも普段は一ヵ月に二、三回くらい外食をするんです。
牛カルビは値段が少し高いので、最も人気のある外食メニューは、やはり価格も安くて美味しいタッカルビです。
普通1人前で約一万ウォン程度(約1000円程度)と思ったらいいです。
タッカルビは辛い食べ物です。
しかし、辛い食べ物が苦手な方達にもオススメできる食べ物です(韓国では子供たちもよく食べます)
美しくてセクシーなアガシとともに一度くらいは必ず食べてみてください。

タッカルビメニュー
タッカルビの店のメニューです

 

タッカルビ
いよいよタッカルビが出ました。
キャベツやネギ、ニンニクなどいろいろな野菜、そして鶏肉と餅がコチュジャンとともに・・。
美味しそうでしょう?

 

タッカルビ

フライパンですべての材料とともによく炒めれ完成です。
色が赤く見えるのが、少し辛い証拠です 笑

 

タッカルビの食べ方

タッカルビも野菜と一緒に巻いて食べるのが一番おいしいですよ。

 

タッカルビチャーハンの具材

タッカルビを食べてご飯を注文します。
タッカルビといっしょに炒めて食べるタッカルビチャーハン。

 

完成したタッカルビ
完成されたタタッカルビチャーハンです。 
おいしそうでしょう??


 以上、皆さんに韓国ソウル、釜山(プサン)の美しいエスコートアガシと一緒に召し上がって貴覧をお勧めする食べ物タッカルビでした。
 

秘密に営業してるテタルバンのエスコートアガシとシステムのご紹介です

テタルバン

日本のピンクサロンがありますが、韓国にはテタルバンという夜遊びがあります。
テタルバンは基本的にはHができない風俗システムです。
韓国語でテタルバンという意味を日本語で翻訳をしたら、エスコートアガシが手コキをしてくれる意味です。
韓国ソウル、釜山(プサン)の風俗の中で、低価格の按摩よりも料金が安くて韓国の男性に人気が多いそうです。
テタルバンは秘密で営業をしているため、そのお店を探して行くのが困難です。
テタルバンに行きたいのであれば、まずはお店のホームページに登録をして管理者にメールをしなければなりません。
管理者から連絡が来たら、自分の基本情報(年齢、携帯電話番号、インターネット登録番号など)を登録して、OKとなれば管理者がお客さんが希望する時間を聞いたり、時間と場所を教えてくれます。
約束した時間に指定場所に行って、再度メッセージをしたら管理者が部屋番号を教えてくれます。
普通はオフィスでエスコートアガシに会うのですが、最近はエスコートアガシの家に行く場合も多いようです。
しかし、その家が本当にそのアガシの家なのか、営業のために借りた家なのかは分かりません。
まー秘密に営業してるだけあって、テタルバンに遊びに行くには少しは難しいシステムですね。
テタルバンのエスコートアガシと会うと、基本的に約50分程度のサービス時間となります。

テタルバン テタルバン


まずは簡単にお茶を一緒に飲んでシャワーをします。
シャワーが終われば、アガシが簡単にスキンシップをしてくれて、手コキしてくれるシステムです。
アガシによって違いますが、若干のチップで口でのサービスを行ってくれる場合もあるようです。
テタルバンの基本料金は普通50分に7万ウォン程度(約7千円くらい)。
口でサービスを希望すれば追加で3万ウォン程度の(約3千円程度)チップが必要だと言われております。

ここからが客の実力ですが、基本的にはHができませんがアガシによって可能かもです。
普通の入場料金の7万ウォン(約7千円)以外に+5万ウォン(約5千円)~7万ウォン(約7千円)程度。
決まった金額ではないですが、客の実力によって無料でも可能らしいですよ(笑)^^^^^

 

●テタルバン

デタル(手コキ)サービスを受けることができる専門店。
業界ではハンドプレーの略称である『ヘンプル』という用語を使う。 
韓国の伝統的な風俗店の衰退とともに、ソウルの江南を中心に多くの店がオープンしたが、警察の取締りの後、電話予約やインターネット会員制などでセキュリティを強化している。
最近はデタルという過激な表現の代わりにハンドプレー、略してヘンプルと表現する場合が多い。
基本コンセプトは名前そのまま店のアガシが手で男性のフィニッシュを誘導するサービスであるが、お客さんの実力交渉で、セックス以外のすべての行為が可能である。
店およびサービスしてくれるアガシによってレベルに多くのばらつきがあります。

 

私から日本の男性へのお願い

日本人男性に、韓国ソウル・釜山(プサン)で最高の人気があるエスコートアガシの紹介業者として、素直な心で皆さんにお話致します。
約20年間、ソウルと釜山(プサン)でお客様たちに韓国の美しいエスコートアガシを紹介していますが、お客様の中には無理して遊ぶお客様もいらっしゃいます。
ここで言う無理とは、金銭に余裕が無いのに無理して遊ぶということです。
私達業者からすればありがたいお話なのですが、お客様あっての私達です。
アガシにハマって借金してまで遊んではいけません。
私も同じ男としてお客様たちの心は10000%わかりますが、絶対に無理はしないで欲しいのです。 
『エスコートアガシ紹介業者が、無理して遊ぶな!』という話は本当に矛盾してる話だと自分でも思います。
ただ、私は日本のお客様はお客様でもあり大事な友達でもあります。
韓国旅行で沢山喜んでもらえれば私も嬉しいのですが、それが原因でお客様が辛い思いをするのも心が痛むのです。
韓国に来て、一日にホテル費、食事代、酒代+エスコートアガシ料金など、少なくとも10万円程度はかかります。絶対に少ない金額ではありません。
勿論、日本で一生懸命に働いてゆとりある心で1年に一度や二度、ソウルかプサンに遊びに来て自分が遊べるお金を使うのはいいと思います。
しかし、ソウルや釜山(プサン)のエスコートアガシにはまって莫大な金を使ったお客様達もいらっしゃいます。
エスコートアガシの紹介業者として率直に本当に切ない思いです。
韓国に遊びに来てエスコートアガシとの楽しかった時間は素敵な思い出に残して、一生懸命に働いて金持ちになってゆとりある心でまた遊びに来ることを心から願います。

韓国ソウル風俗夜遊びYシャツノーブラクラブの紹介です。

エスコートアガシ

韓国ソウルと釜山で、美しくセクシーなエスコートアガシがノーブラYシャツ、そして下は肌着だけを着ている姿、本当にセクシーでしょう?
ソウルと釜山(プサン)にあるいろんな夜遊び風俗の中で、破格なサービスを追加したYシャツノーブラクラブの話です。

エスコートアガシ

Yシャツノーブラクラブは、基本的にウイスキー+果物おつまみ+飲み物+エスコートアガシのチップまで含めた料金は、従来の風俗システムとあまり変わりません。
ただアガシのサービス的な点では、ほかの夜遊びよりもっと破格的だというクラブです。

一番目

セクシーなドレスを着たエスコートアガシをママが紹介します。

エスコートアガシ

二番目

アガシを選んだら、エスコートアガシはノーブラでYシャツ、下はセクシーなパンティーだけを着て来ます。
ドキドキの瞬間ですよね 笑

三番目

セクシーなダンスとアガシのお口でのサービス、そして華やかなランジェリーショータイム、客とアガシが服を全部脱ぎ捨てて、くわえて、触って・・。
破格のサービスです。

エスコートアガシ

四番目

エスコートアガシのハードコアサービス+飲酒歌舞+恋人モードのハッピータイム。
このすべてのサービスが約1時間30分ぐらいです。
Yシャツノーブラクラブのハイライトは、セクシーなエスコートアガシのお口でのサービス。
ビールとおつまみ、飲み物は注文し放題。

※実際の体験記は、私が近いうち直接行ってみて皆様に私が感じたそのままをお伝えしますね!
乞うご期待!!

2017年3月 エスコートアガシ達に大人気があるソウルの弘大近くにあるクラブに行って来ました

ソウル 風俗

韓国のソウルでエスコートアガシ達に大人気があるクラブというところに行ってみました。
ソウル、釜山の若いアガシ達にストレス解消NO.1の場所と言われる弘大の近くに位置したnbというクラブでした。
ちなみにnbというクラブはヒップホップクラブでした。
平日には入場料が1万ウォン(約1000円くらい)、週末は2万ウォンです。
行った日に限って夜12時前には外に出ることができないと言われましたが理由は私もわかりませんでした。
たぶん店が儲けるための作戦???

ソウル 風俗

一人で行くのがちょっと恥ずかしかったので、男友達と一緒に行ったんですが、私が一人でトイレに行っている間に友達が知らないアガシにアタックを受けたそうです。
そのアガシが友達の携帯番号を聞いてきましたが、友達は自分の好みではないので教えなかったらしいです(笑

ソウル 風俗

クラブのステージです。
平日午後9時ごろだったですが、予想外に人が多かったです。
やはりアガシらに人気が高いクラブなのかもしれませんね。

ソウル 風俗

私もタバコを吸うのですが、喫煙者が多いので非喫煙者の方には、少し居心地がよくないそんな感じです。
ご参考してくださいね。

ソウル 風俗

私が夜遊びに行ったクラブnbのメニューです。
全体的に料金がカラオケやフルサロンよりも、少しは安い価格だと思われます。

ソウル 風俗

1階ステージにはとても人が多かったんですが、2階には座れる席があるくらい人は多くなかったです。
2階でも酒に酔ったためか、ダンスを踊る人も多かったですね。
残念なのは、歌が1990年代末の歌?昔の歌がたくさんありました。
私たちは簡単にお酒を飲んで、12時ちょっと過ぎに出ましたが、雰囲気でナンパも可能だと思います。
もし運が悪ければ、韓国のエスコートアガシ達は性格がきつくてなぐられるかもしれないですので気をつけてください(笑)

韓国の釜山(プサン)夜遊び 健全マッサージ(前立腺マッサージ)

釜山 風俗

皆さんこんにちは、今回は韓国釜山からの風俗情報です。
今回は、どんどんサービスが強烈になっている健全マッサージ(前立腺マッサージ)店で働いているエスコートアガシとのフルサービスの体験記です。

韓国の釜山で流行ってる、エスコートアガシの強烈なサービスで有名になっている夜遊びがあります。
別名・・・健全マッサージ(前立腺マッサージ)ショップです。
そこのエスコートアガシ達と会いに行く前に、必ず知っておく必要がある注意事項と、本当に情熱的だった健全マッサージ(前立腺マッサージ)の体験記を紹介します。

釜山 風俗

注意事項

1.まず、ほとんどの健全マッサージの店は24時間営業をします。

2.予約をしなければ絶対に遊びに行くことができないので必ず予約が必要です。

3.予約をする時、発信情報制限電話や公衆電話、ホテルの電話などは予約出来ません。
日本と同じで、携帯番号通知でないと予約出来ません。

4.お酒をたくさん飲んだお客さんはダメです。

下の写真は私が遊んできた健全マッサージ店で、実際のサービスをしているエスコートアガシらの写真です。

釜山 風俗

私の体験記です。

私はいろいろなコースの中で最もエスコートアガシのサービスがいいという、皇帝コースというサービスを受けました。

1.まず、エスコートアガシを写真で見てチョイスをします。

2、うん、まあ、日本の風俗店でも同じだと思いますが、やはり写真とは少しイメージが違うなと思いました。

しかし、アガシのレベルは誰が見てもOKができるレベルのアガシだと思っていただいて大丈夫です。

3.アガシのチョイスが終わったら、すぐシャワー室があるサウナに入って全身をきれいに洗います。

4.シャワーが終われば、マネージャーと呼ばれるスタッフが部屋に案内をしてくれます。

5.部屋の中でしばらく待っていると、私がチョイスをしたエスコートアガシが入りました(約10分程度)。
写真より実物の方が素敵なセクシーなアガシでした。

6.私が選択した皇帝コースは、アガシが約15分程度の時間に口で・・。
濃厚なリップサービスだったので、最初の一発をアガシの口の中に発射!!!!!

7.1回戦が終わって少しは疲れましたが、すぐ続く幻想的なマッサージサービス。
約1時間程度だったですが、疲れがなくなりました。

8.マッサージサービスが終わって2回戦 
今回はアガシと私が69でお互いに責めます。
そして再び彼女の口の中に発射!!!!!

9.私が思ったサービスの総評は100点満点中の90点ぐらい。
アガシのレベルは少し落ちたと思いますがサービスは大満足でした。

トータル約1時間30分程度のフルサービス!!
次は他の健全マッサージ体験談をご紹介いたしますね。

ソウルと釜山で一番綺麗なエスコートアガシと会えるシステム情報!!

下着

ソウルと釜山で一番綺麗なエスコートアガシと会えるシステム情報!!

韓国のソウルと釜山の風俗で、按摩、カラオケ、フルサロン、ルームサロン、エスコートアガシ、スリノクラブ等、皆さんに紹介してきましたが、また新しく2017年!韓国のソウルと釜山で一番綺麗なエスコートアガシと会えるシステム情報をご紹介いたします!!!
そのシステムはランジェリークラブです!!
 

ランジェリー

基本的にはフルサロン、高級ルームサロンとほぼシステムは似ているのですが、違う点はランジェリークラブのエスコートアガシは、文字通りランジェリーを着てチョイスをする点ですね。
簡単に言うと、セクシーなパンティーとブラだけのアガシを見て、お客さんたちは直接気に入るエスコートアガシをチョイスします。
チョイスが終わったら、選択したアガシの挨拶サービスが始まります。
アガシがお客さんの膝に座ってブラを脱いで(ただし、パンツはまだです)簡単なスキンシップ。
もっと熱いスキンシップも可能ですが…それは皆さんの実力ですね 笑
エスコートアガシと1時間程度部屋で酒も飲んで歌も歌って。
最後にルームで情熱的なHまで。
ランジェリークラブの料金は店によって少しは違いますが、1回当たり50万ウォン(約5万円程度)だそうです。

セクシーなパンティーとブラだけのサービスいいですよね(笑)
 

俗夜遊びシステムキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)って???

キーセンハウス

韓国の風俗夜遊び文化について。
その昔、日本の男性達に一番人気があった韓国(ソウル、釜山)の風俗夜遊びシステム、キーセンハウス(現在はエスコートアガシ)について調べてみます。 
昔から韓国(ソウル、釜山)のような大都市には『接待』という文化がありました。
勿論日本も同じですよね。

現在もこの接待は脈々と受け継がれています。
自分より力が上の人間に、少しでも有利に取り計らってもらうために行う手段。
それが接待です。
個人から企業、さらには政治の世界までこの接待は息づいています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ
韓国 ソウル 風俗 アガシ

 

実は韓国(ソウル、釜山)夜遊び風俗の密室接待文化の始まりはキーセンハウス(現在はエスコートアガシ)だと言われています。
1945年韓国の解放前後にキーセンハウスと料理屋がソウルだけでも、3000戸はあったと言われてます。
政治家、警察首脳部など社会的に高い地位の人がキーセンハウスを出入しながら、韓国では賄賂や買収を意味する『サバサバ』という用語が初めて登場したとのことです。
1970年代がキーセンハウスの全盛期でした。
すべての社会で接待は高級キーセンハウスで行って、ビジネスを有利に進めたらしいです。
1980年代は韓国(ソウル、釜山)の経済成長とともに、現代版キーセンハウスであるルームサロンとフルサロンが沢山出来たと言われています。
高位層だけでなく、一般会社員達も接待の名目でルームサロンやフルサロンに出入始めたんですね。
この時からルームサロンとフルサロンは接待文化の人気の頂点に浮上し始めます。
1990年代にはルームサロンとフルサロンが密室型のセックス産業を量産する場所に発展しました。
ソウルの江南には従業員を200人以上抱えた企業型ルームサロンとフルサロンが出現し、北倉洞を中心とした江北(カンブク)のルームサロンとフルサロンは、裸体のエスコートアガシを動員した変態的性接待を営業戦略として多くの顧客が利用したと言われてます。
しかし、昔の韓国(ソウル、釜山)風俗キーセンハウスが今はほとんどなくなり、現在は代わりにエスコートアガシとフルサロン、按摩のような風俗夜遊びシステムが韓国(ソウル、釜山)の風俗文化を牽引しています。

 

韓国 ソウル 風俗 アガシ